-->
Uber Eats 活用ブログ
最新ニュース

【2019年6月】 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送料改定について(配達員向け)

本日2019年6月19日に配達員あてに、「配送料改定のお知らせ」というメールが配信されたので確認された方も多いのではないでしょうか。

ツイッターを見る限りでは、今回の改定内容はエリアごとに少し異なるようですが、自分が登録しているエリアの情報しかメールに記載されていませんでした。

この記事では現時点でわかっているエリアごとの改定内容についてまとめてみます。

▼2019年12月からの配送料改定については、こちらの記事をご覧ください。

改定内容と狙いについて(メール本文より抜粋)

以下の抜粋は、Uber Eats運営から配達員(横浜登録)宛てのメールの一部です。

この度、配送料の料金体系の見直しを行い、
2019年6月24日(月)午前9時より、
エリアの基本料金およびインセンティブを改定する運びとなりました。
基本料金は約45%引き上がり、サービス手数料は5%から10%
に変更されます。
また、基本料金の引き上げにより、
ブーストの乗数が引き下げられ、
1回の配達あたりの配送料の変動が減るため、安定した収入が期待できるようになります。

メールの文面を見る限りでは、基本料金を引き上げる一方でブーストによる追加報酬を引き下げることによって、1回あたりの配送料の変動が減って安定収入が期待できるとのことです。

クエストについは大きな方針変更はなさそうです。

ひとつハッキリしているのは、2019年6月24日(月)午前9時から変更されるということでしょうか。

配送料の改定前後の金額

エリアごとにどのように変更されるかについてはツイッターなどで情報収集してみました。

東京・千葉・埼玉については、今回のタイミングで配送料が改定されるのかどうか不明です。

まとめ

現時点では東京エリアの情報がわからないので詳細の検討は後日にしますが、もともと3パターンだったエリアごとの料金体系が、改定後も相変わらず3パターンになりそうです。

しかし、全体として東京・千葉・埼玉の料金体系に近づいたということになると言えます。

ブーストの倍率が低くなるので、ウーバー特有の攻略要素というかゲーム性が少し減りますので配達員にとってはポジティブな変更かな、というのが個人的な感想です。

ブーストによる追加報酬の変動を減るので、ピーク時間帯の配達員不足を補うために、例えば休日のクエストが復活するようなこともあるのかなというのが個人的な予想です。

ひとつ気になった点としては、神奈川エリアは距離料金が据え置きでしたが、これはロングドロップ配達の報酬が抑えられることになりますので、神奈川のバイク配達にとってはネガティブな改定になるかもしれないというのが直感です。

変更内容の全容が見えてきたらこれまでの記事の改定をしますのでご覧ください。