Uber Eats 活用ブログ
節税のコツ

【Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告】節約・節税するためのポイントを解説

Uber Eatsの配達パートナーは個人事業主ですので、確定申告をしなければいけませんが、こんなお悩みを抱えていないでしょうか。

  • 費用をかけずに確定申告をしたい
  • 節税して支払う税金を少なくしたい

本記事では、Uber Eatsの配達パートナーがかんたんに節約・節税する方法について、まとめてご説明します。

配達ヤギ

がんばって稼いだお金だもん!きちんと節約・節税しよう!

おさえるべき節税・節約の3つのポイント

Uber Eatsで配達をするなら、節税・節約の3つのポイントをおさえておきましょう。

効果が高いものから順番に記載しています。

節税・節約の3つのポイント
  1. 税理士に依頼せずに、自分で確定申告をすること
  2. 「青色申告の65万円控除」を利用すること
  3. 経費の申告漏れがないように、きちんと記帳すること

これらの3つのポイントについて、これから詳しく解説していきます。

ポイント① 自分で確定申告をすること

確定申告は、税理士に依頼することもできますが、もちろん費用が掛かります。

税理士に依頼すると、相場は最低でも5万円しかも毎年かかってきます。

わたしは、自分で確定申告をしていますが、手間が掛かるのは1年目だけで、2年目以降は慣れるので大した作業ではありません。

この後にご紹介する会計ソフトを使えば、毎年1万円未満の利用料がかかりますが、自分で確定申告をすることができます。

会計ソフトの選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

いますぐ登録したい場合は、オンライン会計ソフトがコスパが良く、使いやすいです。

■白色申告なら「やよい」がおすすめ

■青色申告なら3つともおすすめ

ポイント② 青色申告の65万円特別控除を利用すること

確定申告には、白色申告青色申告の2種類があります。

作成する書類が違うだけでなく、帳簿のつけ方や、税務上のメリットなどの違いがあります。

青色申告の一番のメリットは、「65万円の特別控除」を受けることが出来る点です。65万円の特別控除とは、65万円を収入から引くことができるという意味です。

例えば、経費を引いて400万円の収入がある場合を考えます。白色申告なら400万円に対して税金がかかるところ、青色申告の65万円の特別控除が適用されれば、335万円の収入に対して税金がかかることになるため、支払い税額が少なくなります。

青白申告の節税シミュレーションについては、以下の記事で詳しくご説明しています。

もし専業でUber Eatsの配達をしているなら、青色申告にした方が節税できることがおわかりいただけるでしょう。

ただし、65万円の特別控除を適用するには、以下の2つの条件があります。

  1. 開業してから2か月以内に「青色申告承認申請書」「開業届」を管轄の税務署に提出しておくこと
  2. 複式簿記による記帳をすること

「青色申告承認申請書」と「開業届」を提出する方法については、以下の記事で、実際の画面で詳しく解説しています。

いますぐに開業届をつくりたいかたは、以下のリンクから無料で作成することができますので、試しに登録してみてはいかがでしょうか。

>>開業freee(フリー)

配達ヤギ

開業freee(フリー)は無料でつかえるのが嬉しい!!

ポイント③ 経費の申告漏れがないように記帳すること

Uber Eatsの配達をするためには、配達車両やスマホなど費用がかかります。

これらの費用のうち何を経費にするかは、最終的に各個人で判断しなければなりません。

しかし、何か具体例や基準が分からないと困ってしまいますので、参考として以下の記事を書きましたのでご覧ください。

まとめ

本記事では、Uber Eatsの配達パートナーが確定申告をする際に、おさえておくべき節約・節税のポイントについてご説明しました。

特にUber Eatsを本業にしている配達パートナーにとっては、非常に効果が大きいので、ぜひ試していただければと思います。

まとめ

  1. 税理士に依頼せずに、自分で確定申告をすること
  2. 青色申告の65万円控除を利用すること
  3. 経費の申告漏れがないように記帳すること