ウーバーイーツ活用ブログ
注文のコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文が遅いときの理由と回避するコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達がメチャクチャが早いって聞いてたけど、実際に注文してみたら遅かった

そんな経験は無いでしょうか?

確かにUber Eats(ウーバーイーツ)は、注文から最短で10分~で手元に料理が届くこともあります。

しかし、さまざまな理由によって、配達が遅くなることがあるのも事実です。

本記事では、配達が遅くなる理由について解説するとともに、なるべく配達が遅くならないためのコツについて解説いたします。

配達ヤギ

なるべく配達が遅くならないコツも解説するよ!

\初回注文1000円オフ/

プロモコード ins6j1jko

プロモコード【ins6j1jko】をコピー

>>Uber Eats 注文アカウント登録

Uber Eatsの注文から配達までの流れを簡単に解説

Uber Eatsの料理の配達が遅くなる理由を説明する前に、まずは仕組みを簡単にご説明します。

Uber Eatsの仕組み

下の図は、Uber Eatsで料理を注文してから配達するまでの流れです。

上の図を言葉で説明すると、下のように7つのステップになります。

  1. 注文者がUber Eatsアプリで注文する
  2. Uber Eatsからレストランに注文を伝える
  3. レストランが注文を承諾して料理を作り始める
  4. Uber Eatsが配達パートナーに集荷を依頼する
  5. 配達パートナーが集荷の依頼を承諾する
  6. 配達パートナーがレストランに料理を受取りに行く
  7. 配達パートナーが注文者に料理を配達する

Uber Eatsアプリの機能は「マッチング」

Uber Eatsのアプリがやることは、「注文者」「レストラン」「配達パートナー」の3者のリクエストをマッチングすることです。

Uber Eatsアプリは、ほかのお見合いアプリやフリマアプリなどと同じように、単にリクエストをマッチングしているにすぎません。

【公式】Uber Eats注文アカウント登録

Uber Eats 注文アカウント登録

配達ヤギ

Uber Eatsアプリは、マッチングアプリってことだね!!

配達が遅くなる理由

料理の配達が遅れる原因は、上でご説明した⑦「配達パートナーが注文者に料理を配達する」以外にも沢山あります。

料理の配達が遅れる理由の一例を以下にご説明します。

レストランの問題① レストランが料理を作るのが遅い

Uber Eatsで注文を受けているレストランのほとんどは、実際の店舗でもレストランとして通常営業しています。

そのため、店内の客とUber Eatsの注文の両方をさばかなければなりません

その結果、ピーク時間帯は料理を作るのが遅くなってしまうこともあり得ます。

さらに言うと、Uber Eatsの注文を後回しにして、実際にお店に来ている方の客を優先するようなレストランもありますので、そういったお店はUber Eatsの注文が遅くなりがちです。

https://twitter.com/ak_uber_eats/status/1143468951336173568

レストランの問題② 配達パートナーに敬遠されているレストラン

実は、配達パートナーから敬遠されているレストランがあります。

そういったレストランの配達依頼が「たらい回し」されてしまい、結果として配達が遅れます。

配達パートナーから敬遠されるレストランの情報は、ツイッターなどで拡散されるので、ますます配達依頼を受けてもらい難くなります。

配達パートナーから敬遠されるレストランの特徴をいくつか挙げてみます。

  1. 店員の態度が横柄である
  2. いつも料理が出てくるのが遅い
  3. 車両を止める場所がない(特にバイク)
  4. 配達パートナーへの伝達事項が多すぎる
  5. 料理の梱包が配達に対応できていない

配達パートナーとしては、ただ気持ちよく配達したいだけなんですが、それができないレストランがあるのは確かです。

Uber Eatsの仕組みの問題① 配達パートナーが不足していて、配達の依頼がマッチングできない

先にご説明したように、Uber Eatsアプリは注文者・レストラン・配達パートナーをマッチングするシステムです。

注文者の料理が入って、レストランが料理を作っても、配達するドライバーが見つからないといったこともあり得ます。

例えば、以下のような場合に配達パートナーが不足した状態になりやすく、料理を受取るまでに何十分もかかってしまうことがあります。

  • 昼や夜のピーク時間帯である
  • 天候が悪くて、雨や雪が降っている

これこそ、マッチングアプリであるUber Eatsの問題といえます。

Uber Eatsの仕組みの問題② 配達パートナーからレストランまでの距離が遠い

先にご説明したように、Uber Eatsアプリは注文者・レストラン・配達パートナーをマッチングするシステムです。

配達パートナーは、配達のリクエストを受けてからレストランに向かいます。

下の画面のように、遠くのレストランから呼ばれた場合は、レストランにたどり着くまでに時間が掛かることがあります。

画面の10分という表示は、自動車やバイクで走行した場合の予測時間なので、自転車だとさらに時間が掛かります。

Uber Eatsの仕組みの問題③ 配達パートナーが2件同時に配達している

Uber Eatsのアプリは、注文が多いピーク時間帯になると、同じレストランへの2件の注文をひとりの配達パートナーに同時に依頼することがあります。

つまり、ひとりの配達パートナーが、レストランで2件分の料理を受取って、1件ずつ順番に配達するわけです。

1件目の配達先は問題ありませんが、2件目の配達先の注文者は、その分待たされるということになります。

注文者の問題① 配達先の住所に間違いがある

配達パートナーは、料理を受取ったあとに、配達用のアプリに表示される住所に向かって配達を開始します。

その際に、登録された住所の不備により、配達先の住所がわからないことがあります。

下の画面は、住所不備の一例です。

この場合、アプリのメッセージ機能や電話機能を使って、注文者に住所を確認させていただくことになります。

大抵の場合は住所を確認して配達をできるのですが、注文者とのやりとりに時間を要しますので、結果として配達が遅れることになります。

配達パートナーの問題① 配達パートナーが道に迷う

経験が不足している配達パートナーの場合、以下のような理由で道に迷ったり、遅れたりすることがあります。

  • マップ上の目的地のピンの位置がずれている
  • 住所が新しすぎてマップで正確に表示できない
  • 込み入った住宅地の同じ番地に建物が複数ある
  • 同じ名前のアパートが複数ある
  • 配達アプリでは注文者のイニシャルしかわからず、戸建ての場合に表札を見ても配達先を特定しにくい

配達用アプリにも問題はありますが、配達パートナーの経験でも、ある程度はカバーできることが多いです。

その他の問題① Uber Eatsの「配達予定時間」がいい加減

料理を注文すると、下の画面のように「配達予定時間」が表示されます。

下の画面は、私が以前Uber Eatsで料理を注文したときのものです。

注文時刻は午後5時14分、配達予定時間が午後5時30分なので、16分後に配達するということになります。

もし仮に、初めに図解した注文から配達までの7つのステップが全てうまくいけば、この時刻に配達できるかもしれません。

しかし、ひとつでもうまくいかない工程があれば、絶対にこの時刻に届けることはできない、そんな時間が表示されています。

実際に到着した時刻はというと・・・17時41分でした。

注文してから27分での到着なので、何ら不満はないはずなのですが、アプリの表示が17時30分到着予定という無茶な表示だったために、逆に結構待ったなと感じてしまいました

Uber Eatsの注文が遅れないようにするには?

Uber Eatsの注文が遅れないために、注文者ができることは少ないですが、思いつく限りコツとして挙げておきます。

注文が遅れにくいコツ①

可能であれば、注文が多いピーク時間帯を避けて注文しましょう。また、極端に天候が悪い日や寒い日もできる限り避けましょう。

注文が遅れにくいコツ②

下の画面は、注文アプリで「人型のアイコン」→「設定」→「自宅」と進んで住所を設定するところです。

自宅住所の入力は、必ず手動で入力しましょう。GPS機能を使って自動入力すると位置がずれます。

また、住所入力欄に正しく入力していても、配達パートナーが使う配達アプリの不具合で、「マンション名」と「部屋番号」が表示されないことがあります。

住所の入力欄の下のマンション名と部屋番号を入力する欄があるので、改めて書いておきましょう。2度手間ですが、初めての注文時に1回だけ書いておけば良いのでご容赦ください。

住所の入力箇所の下に、「配達メモ」を記載する箇所があります。ここに自宅の目印などを書いておくと、分かりにくい家の場合でも、配達パートナーが迷わずに配達できる可能性が高くなります。

特に戸建ての場合は、配達メモに家の目印を書いておくとベターです。

注文が遅れにくいコツ③

マクドナルドは、オペレーションがしっかりしていて、店舗数も多いため、注文の多いピーク時間帯でも、比較的早く配達してもらえる可能性が高いです。

また、マクドナルドは、2件同時の依頼が来ないようになっていると思われます。2件同時配達の2件目になって待たされることはありません。

注文が遅れにくいコツ④

ラーメンや寿司などの配達しにくい料理は、配達パートナーに敬遠される可能性が高いので、それ以外の料理を注文したほうが早く配達されるかもしれません。

まとめ

本記事では、Uber Eatsの配達が遅くなる理由について解説しました。

わたしたち配達パートナーは、少しでも早く配達できるように努力していますが、配達パートナーが頑張ってもどうすることもできないことが沢山あるのも事実です。

わたしたち配達パートナーができることは、Uber Eatsのサポートに意見を伝えて、随時サービスとして改善するよう訴えていくしかありません。

サービスの質が改善するまで、注文者の方々も少し暖かい目で見ていただければ幸いです。

\初回注文1000円オフ/

プロモコード ins6j1jko

プロモコード【ins6j1jko】をコピー

>>Uber Eats 注文アカウント登録

▼初めてUber Eatsを利用する場合は、こちらをご覧ください。

こちらの記事もおすすめ