Uber Eats 活用ブログ
基本情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)サポートへの問い合わせ方法・クレーム窓口【電話番号・アプリ・その他】

Uber Eatsを使っていて、注文や配達に関するトラブルが発生したら困りますよね。

そんなときは、イライラする前にサポートに問い合わせましょう。

本記事では、配達員向けのサポート注文者向けのサポートの問い合わせ方法についてご説明します。

>>Uber Eats 注文アカウント登録

本記事で解決できるお悩み

  • 注文者として問い合わせたい
  • プロモコードが適用できない
  • 配達員として問い合わせたい

注文者としてトラブル・クレームの問い合わせをする【電話・アプリ】

注文者がサポートに問い合わせる方法は2種類あります。

※メールでの問い合わせには対応していません

  1. 電話での問い合わせ
  2. 注文アプリでの問い合わせ

電話でサポートに問い合わせる方法(電話番号)

注文者は、以下の電話番号に連絡することができます。

以前の注文に関するトラブルや、注文前のトラブル(例えば、プロモーションコードが適用できないなど)については、電話で問い合わせることができます。

こちらは、Uber Eatsのアプリ内で案内されているサポートセンターの電話番号です。

サポートセンター電話番号 

  • 0800‐080‐4254
  • 03-4510-1243

0800はフリーダイヤルです

\初回の注文が1000円オフ/

初回の注文が1000円OFF!

プロモコード: interjpq2206j9ie

>>Uber Eats 注文アカウント登録

※登録はもちろん無料!クレジットカードなしでもOK!

注文アプリでサポートに問い合わせる方法

以前の注文や現在の注文については、アプリからでも問い合わせることができます。

実際のアプリ画面で手順をご説明します。

①注文アプリの注文履歴アイコンをタップ

②問い合わせ対象の注文を選択

注文履歴の画面で、「以前のご注文」または「現在のご注文」から、問い合わせしたい注文を選びます。

③「お問い合わせ」ボタンをタップ

④問い合わせ項目をタップ

問い合わせしたい項目をタップします。

⑤トラブル内容をサポートに送付

画面に表示された内容を読んでもトラブルが解決しない場合、写真やトラブルの内容をサポートに送信します。

以上で、問い合わせは完了です。

プロモーションコードが適用できない

プロモーションコードとは、Uber Eatsで利用できるクーポンを発行するための「コード」のことです。

プロモーションコードが適用できない場合は、こちらの記事をご覧ください。

ただし、プロもションコードが使えないのは、なにか理由があるはずです。

手間を掛けて問い合わせするよりも、初回注文で利用可能な以下のプロモコードを使うのもアリですよ!

\初回の注文が1000円オフ/

初回の注文が1000円OFF!

プロモコード: interjpq2206j9ie

>>Uber Eats 注文アカウント登録

※登録はもちろん無料!クレジットカードなしでもOK!

配達員としてトラブルの問い合わせをする【電話・アプリ】

配達員がサポートに問い合わせする方法は、2種類あります。

※メールでの問い合わせには対応していません

  1. 電話での問い合わせ(サポートセンター)
  2. ドライバーアプリでの問い合わせ(サポートセンター)

電話で問い合わせる方法(サポートセンターの電話番号)

電話によるサポートでは、配達中のトラブルに関してのみ対応しています。

電話代は無料です。ご自身の稼働しているエリアの電話番号におかけください。

稼働する前に自分のエリアのサポートセンターの電話番号を、スマートフォンに登録しておくと安心です。

エリア電話番号
東京都0800-080-4117
神奈川県0800-080-4255
埼玉県0800-080-4117
千葉県0800-080-4117
愛知県0800-123-6931
大阪府0800-080-4270
兵庫県0800-080-4288
京都府080-0170-0024
福岡県0800-080-4153

電話での問い合わせは、配達中のトラブルのみとなっています

ドライバーアプリで問い合わせる方法(サポートセンター)

配達中でないトラブルに関しては、ドライバーアプリから問い合わせしましょう。

実際の画面で手順をご説明します。

①ドライバーアプリのプロフィール画像をタップ

②ヘルプをタップ

③問い合わせしたい内容に近い項目をタップ

配達中でない(急ぎでない)トラブルは、アプリで問い合わせましょう!

\以下の記事もおすすめ/

▼国産のデリバリーサービスmenu(メニュー)もおすすめ!

▼配達のコツはこちらのまとめ記事をご覧ください。