Uber Eats 活用ブログ
配達の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始める前の準備

Uber Eatsのパートナーセンターで登録して、憧れの配達用バッグも手に入れました。

そんなあなたは晴れてUber Eats配達員です。

はやる気持ちもわかりますが、まずは配達に必要なものが最低限そろっているか確認しておきましょう。

▼配達効率をアップする便利グッズの情報はコチラをご覧ください

配達に必要なグッズを揃えよう

配達をはじめるにあたって用意すべきアイテムをみていきましょう。

必須のグッズ

まずは必須のグッズから見ていきましょう。

必須のグッズ
  • 配達に使用する車両(パートナー登録した車両以外で配達するとアカウント停止になります)
  • スマホアプリ「Uber Driver」「Google Map」
  • スマホ(バッテリーがヘタってないこと)
  • スマホ用のモバイルバッテリー(大容量、急速充電できるものがおススメ)
  • 配達用バッグ(通称ウバッグ)
  • 配達用バッグ内の空間を仕切るもの(黒ウバッグには必須)
  • 配達用バッグ内で料理のスキマを埋めるもの(タオルや緩衝材)
  • スマホスタンド・アームバンド(車両にスマホを固定)
  • レインコート(雨天への備え)
  • 保温性のある小さめのバッグ(冷たいものを運ぶときに活躍)

配達に使用する車両

パートナーセンターで登録したときの車両なので問題ないでしょう。

ただし、自転車登録なのにバイクで配達したり、その逆にバイク登録なのに自転車で配達するとアカウント停止になります。

また、事故を起こした時に登録した車両と違うと保険が適用できなくなってしまいますので注意が必要です。

登録車両を変更したい場合は、必要書類を用意してパートナーセンターに行きましょう。

スマホアプリ「Uber Driver」のインストールと設定

配達に使うスマホに配達員用のアプリ「Uber Driver」をインストールしておきましょう。

▼インストールがお済でない場合はこちらのリンクからどうぞ。

Uber Driver - ドライバー用

Uber Driver – ドライバー用
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

インストールができたら以下の設定も確認しておきましょう。

  1. アクセシビリティ・・リクエストの通知。点滅とバイブをオンにする。
  2. ナイトモード・・・・マップの見え方。オフに固定する。

参考までにナイトモードオフのときとオンの時の違いを比較してみました。

ナイトモードだと駅の場所が真っ黒になっていて、川と道路が色で区別しにくいのでかなり使いにくいです。

ナイトモードオフに固定しておく方が良いと思います。

スマホアプリ「Google Map」のインストールと設定

Google Mapはほとんどのひとがインストール済みだと思いますが念のため確認しておきましょう。

▼インストールがお済でない場合はこちらのリンクからどうぞ。

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

インストールができたら以下の設定も確認しておきましょう。

シェイクでフィードバックを送信・・・無効にする

この機能が有効になっているとスマホをシェイクする(振り振りする)だけで、フィードバック機能を呼び出すことができます。

ですが、自転車やバイクの揺れをシェイクと誤検知してしまい、そのたびにナビが中断されてしまうので非常に煩わしいです。

無効にしておきましょう。

スマホとモバイルバッテリー

配達用アプリ(Uber Driver)はスマホのバッテリーを非常に消費しますので、配達に使うスマホはなるべくバッテリー容量が大きいものを使うとストレスがないです。

また、1~2時間の配達なら不要かもしれませんが、3時間以上配達するのであればスマホ用のモバイルバッテリーは必須と考えたほうがよいです。

モバイルバッテリーの容量は最低10,000mAhはほしいですが、長時間の配達にも耐えられるよう20,000mAhのものにしておけば安心です。

更に、配達しているときにスマホのバッテリーを気にしなくてよいように節電設定をしておけば完璧です。

▼スマホの節電設定については以下の記事をご覧ください。

事故・ケガ防止のためにできれば揃えておきたいグッズ

続いて、事故・ケガ防止のためにできれば揃えておきたいアイテムです。

できれば揃えたいアイテム(事故防止)





  • ヘルメット
  • 反射材(配達車両に備え付ける)
  • LED ライト(配達車両に備え付ける)
  • 明るい目立つ色の衣服の着用
  • 自転車保険など(ウーバーの保険は配達中の対物・対人補償のみ)

ヘルメット

バイク・原付の配達ならば必須ですが、自転車でもヘルメットは絶対にしておいたほうがよいです。

わたしはママチャリで配達していますが、ヘルメットをするとちょっと気合が入りますね。

安いものでもヘルメットが無いよりよっぽどいいので、安全のために購入しておきましょう。

あると便利なグッズ(配達のクオリティをあげる)

最後になりますが、あると便利なアイテムをご紹介します。


あると便利なアイテム
  • 保冷剤(夏場)
  • カイロ(冬場)

どちらも料理の温度を保冷・保温するために使います。

わたしは5月から保冷バッグにこの保冷剤を2つ入れて配達するようにしていて、特にドリンクやサラダを配達するときに役立っています。

特に氷入りのドリンクは氷が解けてしまうと水で薄まってしまうので、料理をお届けするときに申し訳ない気持ちになります。

保冷剤で冷やしたドリンクやサラダをお渡しすると、袋を渡した時に冷えていることに気が付いて喜んでくださる注文者もいますので、保冷剤を入れておいてよかったなと思いますね。

緊急時に備えてサポートセンターの連絡先を登録する

配達中のトラブルに落ち着いて対応するために、事前にUber Eatsのサポートセンターの連絡先を確認しておきましょう。

緊急時は電話で問い合わせることができます。

配達中はアプリの画面上にサポートに電話するボタンが出るのですが、リクエスト待ちの画面にはサポートに電話するボタンが出てきませんので、自分が稼働しているエリアの電話番号を予めスマホに登録しておくと安心です。

【関東エリア】

  • 東京都 0800-080-4177
  • 神奈川 0800-080-4255
  • 埼玉県 0800-080-4177
  • 千葉県 0800-080-4177

【中部エリア】

  • 愛知県 0800-123-6931

【近畿エリア】

  • 大阪府 0800-080-4270
  • 京都府 0800-170-0024
  • 兵庫県 0800-080-4288

【九州エリア】

  • 福岡県 0800-080-4153