Uber Eats 活用ブログ

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の始め方】配達に関する基礎知識をゼロから解説

Uber Eatsの配達の仕事に興味があるけれど、

  • 配達してみたいけど、何から始めていいのかわからない
  • 配達の仕事がどんなものか、全体的にざっと知りたい

といったお悩みはないでしょうか。

本記事では、配達の仕事に興味をもった初心者向けに、Uber Eatsの報酬の仕組みや、配達パートナーの登録方法、配達に必要な道具などの基礎知識全般についてご説明します。

\登録だけでもOK!【シフトなし】/

>>Uber Eats 配達アカウント登録

Uber Eatsの仕組みとサービス内容について知りたい

Uber Eatsの仕組み(ビジネスモデル)

ユーザーが料理を注文してから料理の配達までの流れを図にしてみました。

Uber Eatsでは、料理を配達するドライバーのことを「配達パートナー」といいます。

料理の注文から配達までの流れ

  1. 注文者がスマホアプリで料理の注文をする
  2. Uber Eatsからレストランに料理の注文が入る
  3. レストランが注文を受ける
  4. Uber Eatsが配達パートナーに配達を依頼
  5. 配達パートナーがスマホアプリで配達依頼を受ける
  6. 配達パートナーがレストランで料理を受取る
  7. 配達パートナーが料理を配達する

Uber Eatsに登録した配達パートナーは、自分の自転車(バイク)とスマホを使って、仕事を受けることができます。

配達パートナーは、スマホに専用のアプリをインストールして、オンライン/オフラインを切り替えるだけで、いつでも仕事を開始/終了できます。

事前にシフトを登録する必要はないので、好きな時に仕事をできるのが特徴です。

Uber Eatsのサービスエリア(配達地域)

Uber Eatsは、2016年に日本でサービスを開始したフードデリバリーですが、現在までにサービスエリアを拡大してきました。

2020年5月現在のサービスエリア

地方サービスエリア都道府県
東北宮城
関東東京、神奈川、埼玉、千葉
中部愛知
北陸石川、富山
関西大阪、京都、兵庫
中国広島、岡山
四国愛媛、香川
九州福岡

それぞれの都道府県の中でも、サービスエリアとなっていない地域もありますので、詳細は以下の記事をご覧ください。

Uber Eatsの営業時間

Uber Eatsのサービスエリアの営業時間は、基本的に09:00~24:00ですが、エリアによって異なる場合があります。

あなたが配達をしたいエリアの情報については、エリアごとの営業時間をご確認ください。

\登録だけでもOK!【シフトなし】/

>>Uber Eats 配達アカウント登録

配達の仕事のメリットや雰囲気が知りたい(参考になるYoutube動画も紹介)

配達の仕事のメリット

配達の仕事のメリットはたくさんありますが、ざっと挙げるだけでもこれだけあります。

配達の仕事のメリット

  1. 働きたいときに働ける自由
  2. 仕事がとても簡単
  3. 思っていたよりも報酬がもらえる
  4. とっても良い運動になる
  5. お金の大切さを改めて実感して無駄遣いが減った
  6. 攻略要素が多くてハマる

具体的な説明や実際の配達の様子がわかる動画は、こちらの記事をご覧ください。

配達の様子がわかるYoutube動画

配達の仕事がどんなものかを知るための一番手っ取り早い方法は、やっぱり動画を見ることでしょう。

Youtubeには、たくさんのUber Eats関連の動画がありますが、中にはいい加減なものもたくさんあります。

現役の配達パートナーから見てもリアルな配達がわかる、おすすめの動画を厳選しましたので、ご興味のある方はご覧ください。

\登録だけでもOK!【シフトなし】/

>>Uber Eats 配達アカウント登録

配達報酬の仕組みと支払いについて知りたい

配達の報酬の仕組み

Uber Eatsでは、配達するドライバーのことを配達パートナーといいます。

配達パートナーは、一般的なアルバイトのような時間給ではなく、配達した回数や距離に応じた歩合給になっているのが特徴です。

配達パートナーの報酬は、配達1回ごとに支払われる仕組みになっています。

下の画像のように、配達を1回完了するごとに配達アプリに報酬が表示されます。

1回ごとに配達報酬に加えて、クエストという配達回数に応じた追加報酬制度や、注文者からのチップなどがもらえることもあります。

配達回数に応じた追加報酬や、注文者からのチップなどもあるので、アルバイトとは違うワクワク感が味わえる!!

配達報酬のルールについては、さらに詳しく解説しています。

報酬の支払いタイミング

アルバイトやサラリーマンの給料は月払いが一般的ですが、Uber Eatsの配達報酬は週払いになっています。

実際にやってみるとわかるのですが、週払いだと働いた分の報酬がスピーディに振り込まれるので、急な出費にも対応できるのが嬉しいですね。

稼働の締めのタイミングは「月曜日の午前4時」ということになっていますが、実質的には日曜日までの報酬が、翌週の水曜日以降に振込まれます。

\登録だけでもOK!【シフトなし】/

>>Uber Eats 配達アカウント登録

配達の始め方が知りたい

配達パートナーの登録方法

配達パートナーとして登録する手順は、通常では以下の2つのステップが必要です。

ステップ1:オンラインでアカウントを登録する

ステップ2:パートナーセンターでアカウントを有効化する・契約する

しかし、2020年5月現在、新型コロナウィルスの影響のため、ステップ2の手順もオンライン対応となっているため、すべての登録はオンラインで完了します。

配達パートナー登録に関してサポートが必要な場合は電話サポートの予約ができます。

登録手順については、以下の記事で詳しくご説明しています。

\登録だけでもOK!【シフトなし】/

>>Uber Eats 配達アカウント登録

配達に必要なグッズや車両が知りたい

配達に必要なグッズ(必需品)

わたしの経験上、以下のようなグッズを用意しておくことをおすすめします。

配達の必需品
  • 配達に使用する車両(パートナー登録した車両以外で配達するとアカウント停止になります)
  • スマホアプリ「Uber Driver」「Google Map」
  • スマホ(バッテリーがヘタってないこと)
  • スマホ用のモバイルバッテリー(大容量、急速充電できるものがおススメ)
  • 配達用バッグ(通称ウバッグ)
  • 配達用バッグ内の空間を仕切るもの(黒ウバッグには必須)
  • 配達用バッグ内で料理のスキマを埋めるもの(タオルや緩衝材)
  • スマホスタンド・アームバンド(車両にスマホを固定)
  • レインコート(雨天への備え)
  • 保温性のある小さめのバッグ(冷たいものを運ぶときに活躍)

配達業務に必ず必要なものは、車両とスマホと配達バッグのみですが、料理を安全に確実に運ぶためには、上に挙げたほかのものもあった方がよいです。

配達パートナーの多くが利用しているグッズは、下の記事で紹介しています。

配達車両の選び方

Uber Eatsの配達に使用できる車両は、以下の3種類から選ぶことができます。

  1. 自転車
  2. 原付バイク(125cc以下) 
  3. 軽自動車・バイク(125cc超) ※要事業用登録

自転車か原付バイクで配達するのが一般的ですが、ご自分の好みに応じて選んでOKです。

車両は自分で用意する必要があるので、すでに持っている車両を使って配達するひとが多いでしょう。

配達車両の登録は後からかんたんに変更できますので、とりあえず少しだけ配達してみたいという場合は、自転車で登録することをおすすめします。

なぜなら、配達の仕事は普段行かないレストランや道路を通りますので、駐禁リスクや思わぬところで一方通行に出くわすからです。

配達業務に慣れたら原付バイクに切り替える、という段階を踏んだ方がスムーズです。

迷ったら手軽に自転車配達がおすすめ。業務に慣れてきたら、原付バイクに変更することを検討しよう!!

配達車両を選ぶときの参考情報として、以下の記事もご覧ください。

\登録だけでもOK!【シフトなし】/

>>Uber Eats 配達アカウント登録

自転車の交通ルールが知りたい

配達パートナーの多くは、自転車を利用しています。

自転車の交通ルールを教わる機会は少ないので、詳しく理解しているひとはほとんどいません。

自動車との事故に巻き込まれない・歩行者を事故に巻き込まないためにも、配達を始める前に、交通ルールを理解しておきましょう。

▼自転車の交通ルールまとめ

まとめ

本記事では、配達パートナーの基礎情報についてご説明しました。

Uber Eatsの配達パートナーは新しい働き方なので、ぜひ一度ご自分で体験してみることをおすすめします。

\登録だけでもOK!【シフトなし】/

>>Uber Eats 配達アカウント登録

▼Uber Eatsとmenuの配達報酬の比較はこちら!