Uber Eats 活用ブログ
配達のコツ

【Uber Eats 配達】充電不要!大容量バッテリースマホで配達したら何時間もつか試してみた

Uber Eats の配達アプリは、スマホのバッテリーの消費が激しいことで有名ですね。バッテリーがすぐになくなるので、残量を気にしながら配達するのはとてもストレスがたまります。

しかし、そんなバッテリー問題を解決するのが「大容量バッテリースマホ」です。

本記事では、ブログ管理人が実際に大容量バッテリースマホを購入して、充電なしで何時間くらい連続配達ができるのか試してみました。

本記事の要約まとめ

  • 「UMIDIGI POWER3」のバッテリーは6150mAh
  • Uber Eatsの配達アプリなら14時間は余裕で稼働できる
  • バッテリー残量が気にならないと配達が快適になる

配達に使ったスマホ:UMIDIGI POWER3

本ブログ管理人が購入したスマホは「UMIDIGI POWER3」です。

UMIDIGI(ユミディジ)という聞いたことのないメーカーですが、予想通り中国のメーカーですね。

バッテリー容量は、かなり大きめで6,150mAh

取り柄は、ただただバッテリー容量が大きいことだけ!( ・ิω・ิ)キリっ

「iPhone12 Pro」は2,815mAhなので、UMIDIGIのPOWER3はざっくり2倍以上のバッテリー容量ということになります。

見た目はこんな感じ。大きさが伝わりにくいですが、6.53インチ、228gと大きめです。

▶詳細なスペックは、下のリンクからご確認いただけます。

実際に大容量バッテリースマホを使ってみた結果

消費電力の測定は、下のように配達の前後で画面のスクリーンショットをとってバッテリー残量を測定しました。

たとえば、上の例だと4時間の配達で23%消費したということになります。これを3日間の配達で測定してみた結果が下の表です。

▶この表は右にスライドできます

測定日配達時間消費%消費電力
12/510時間55%3383mAh
12/1210時間60%3690mAh
12/1910時間58%3567mAh
平均10時間58%3567mAh

実際に配達してみたところ、10時間の配達だと全然バッテリーを使い切らないですね^^;

配達ヤギ

UMIDIGIのPOWER3の戦闘力が高すぎて、わたしの脚の方が先にぶっ壊れる!!

ということで、3日間の配達データをもとに1時間あたりの電力消費量を求めて、連続稼働時間を試算することに・・・

1時間あたりの電力消費は?

1時間あたり357mAhの消費電力

となりました。

6150mAhのバッテリーのスマホなら何時間くらい連続で配達できる?

1時間あたりのバッテリー消費が少し多めに見積もると約400mAhなので、その計算をもとに計算してみましょう。

例 6150mAhのバッテリーを搭載している場合

もし上でご紹介した「UMIDIGI POWER3 Android」であれば、10%残すと考えても5500mAh使えるので約14時間は連続で配達ができます

これであれば、専業で1日フル稼働するひとでも無充電で配達ができてしまいますね。

大容量バッテリースマホで配達してみた感想「快適すぎた」

今回バッテリー容量の大きいスマホに機種変して配達をしてみたところ、配達ライフが激変しました。

以前使っていたスマホはバッテリー容量が3000mAhだったのですが、古い機種だったこともあったせいか5時間くらいの配達でバッテリー切れになってました。モバイルバッテリーで充電しながらならもう少し配達できますが、ケーブルが抜けたり邪魔だったりでストレスがたまります。

しかし、機種変してUMIDIDI POWER3を使ってみたところ、配達をしていても全然バッテリー残量が減らないので充電が不要なのはもちろんのこと、気にしないのでストレスが激減しました。

バッテリー残量を気にしなくて済むので、ストレスが激減して快適です!

まとめ

本記事では、大容量バッテリーのスマホ「UMIDIGI POWER3」で配達してどれくらバッテリーが減るのか試してみました

配達中のバッテリー残量がまったく気にならないので、配達が快適になること間違いなしです。

大容量バッテリーの機種は基本的にAndroidになりますが、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

  • 「UMIDIGI POWER3」のバッテリーは6150mAh
  • Uber Eatsの配達アプリなら14時間は余裕で稼働できる
  • バッテリー残量が気にならないと配達が快適になる

▼配達効率をアップするグッズは、こちらの記事もご覧ください。

▼配達のコツはこちらのまとめ記事をご覧ください。