Uber Eats 活用ブログ
注文の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)チップの渡し方・支払い方法【レストラン・配達パートナー】

Uber Eatsを利用してみて、すごく早く料理を届けてくれたり、料理がおいしかったときに

  • レストランや配達パートナーにチップをあげたい
  • チップの渡し方がわからない

と感じたことはないでしょうか?

本記事では、レストランや配達パートナーへのチップの渡し方についてご説明します。

\初回の注文が1000円オフ/

初回の注文が1000円OFF!

プロモコード: interjpq2206j9ie

>>Uber Eats 注文アカウント登録

※登録はもちろん無料!クレジットカードなしでもOK!

本記事で解決できるお悩み

  • チップの渡し方が知りたい
  • 現金以外のチップの実例が知りたい

Uber Eatsアプリには、チップを渡す機能はある?

Uber Eatsのチップ機能は、2020年5月に追加されました。

チップ機能によって、Uber Eatsの注文者はレストランへの支援や配達パートナーにチップを渡すことができるようになりました。

新型コロナウィルスの影響もあってようやく実現した、といった感じです。

2020年5月、Uber Eatsアプリでレストランや配達パートナーにチップを渡すことができるようになりました。

Uber Eatsのチップには2種類ある【レストランと配達パートナー】

チップを支払うかどうかは、もちろん注文者の自由です。

レストランや配達パートナーに対して、感謝の気持ちや応援したい気持ちがあれば、チップを追加してあげると良いでしょう。

チップには2種類あります。

  1. レストランへのチップ
  2. 配達パートナーへのチップ

レストランに対しては、「支援」という呼び方の機能になっているので正確にはチップではありませんが、注文者からするとほぼ同じことなので、ここではチップということで話を進めます。

配達ヤギ

レストランと配達パートナーへのチップの渡し方は手順が違うので、別々にご説明します。

レストランへのチップの渡し方

正確にはチップではなく、レストランへの支援という扱いですが、機能的にはチップと同じと考えてよいです。

レストランへのチップの渡し方についてご説明します。

【手順】

  1. レストランを選ぶ
  2. お会計画面でチップを追加
  3. 金額を確認して注文を確定

実際のアプリ画面で手順を見ていきましょう。

① レストランを選ぶ

本ブログ管理人が試したところでは、「チップを渡せるレストラン」と「渡せないレストラン」があります。

マクドナルドのような大手のチェーン店にはチップを渡せず、個人経営的なレストランはチップを渡せることが多いです。

チップを渡せるかどうかは、注文確定画面に進むまでわかりません。

配達ヤギ

個人経営のレストランを応援するための機能みたいです!

② お会計画面でチップを追加

通常の手順と同じように、注文をカートに追加してお会計画面に進みます。

下の画面の赤枠のように、「このレストランを支援する」をタップすると、100円のチップをレストランに渡すことができます。

③ 金額を確認して注文を確定

支払い金額を確認しましょう。

「レストランへの支援」という項目が追加されていたらOKなので、注文を確定しましょう。

以上で、レストランへのチップの追加手順は終了です。

レストランへのチップの金額は、100円から変更することはできません。

配達パートナーへのチップの渡し方

配達パートナーへのチップの渡し方についてご説明します。

【手順】

  1. レストランとメニューを選ぶ
  2. 金額を確認して注文を確定する
  3. 配達完了後にチップを渡す

① レストランとメニューを選ぶ

どのレストランを選択しても構いませんので、好きなお店とメニューを選びましょう。

通常の注文手順と同じです。

② 金額を確認して注文を確定する

お会計画面で金額を確認して、注文を確定します。

ここも通常の注文手順と同じです。

③ 配達完了後にチップを渡す

配達完了後に注文アプリを開くと、以下の画面が表示されますので「評価とチップ」ボタンを選択します。

チップの金額は、下の画面のように金額を選ぶか自分で金額を入力することで決定します。

配達パートナーへのチップの金額は、注文品を受け取ってから1時間後まで変更可能です。

チップは注文料金と一緒に支払いされます。

以上で、配達パートナーにチップを渡す手順は終了です。

配達パートナーへのチップは、金額を自由に決められます。

また、料理を受け取ったあとで変更することもできます。

【番外編】現金払いのときのチップの渡し方、お金以外のチップの渡し方

わたしの配達パートナーとして過去の経験をもとに、こんな方法でチップをもらった、嬉しかったという方法についてご紹介します。

方法1.現金支払いのときに多めの金額を支払って、お釣りをチップとして渡す

Uber Eatsで注文するときにクレジットカードではなく、現金払いを選択した場合、支払いの時に少しだけ現金を多く渡して、お釣りをチップとして渡すこともできます。

例えば、3,870円の料金のときに、4,000円支払って「お釣りはとっといて」っていう感じにします。

よくタクシーなんかでやる方法ですね。

チップ機能がないときにチップを渡しやすい方法でした。

配達ヤギ

金額の大きさに関係なく、気持ちが嬉しいよね!!

方法2.ドリンクなどをチップ代わりに渡す

ドリンクなどをチップの代わりにすることもできます。

Uber Eatsアプリでチップ機能が追加されるまでは、このパターンが多かったですね。

配達パートナーは、自転車でもバイク配達でも体力勝負なので、それを気遣っていただいてドリンクをいただくことが多いです。

配達ヤギ

夏の暑い日にジュースをもらうと、超うれしいっす!

配達パートナーがよろこびます。

▼お茶をいただくことが多いですね

▼寒い日にはこんな気遣いも嬉しいですね

チップに関するよくあるQ&A

いくらくらい渡せばいいの?相場はあるの?

たとえば海外のレストランでは、チップは料金の10%〜といった相場のようなものはありますが、日本にはチップ文化はありませんのでいくらでもOKです。

配達パートナーとしては金額よりも気持ちなので、50円でも十分に嬉しいです。

注文アプリにチップのボタンが出てこない

注文アプリを最新版に更新してみましょう。

それでも表示されない場合は、Uber Eatsのサポートに問い合わせてみる必要があります。

チップは払わなくてもいいの?

日本にはチップの文化はありませんので、もちろんチップは払わなくても構いません

配達パートナーやレストランから良いサービスを受けたと感じたら、気持ちを表現してあげると良いでしょう。

もちろん、お金ではなく感謝の言葉だけでも気持ちは十分相手に伝わるはずです。

まとめ

本記事では、Uber Eatsでチップを渡す方法についてご紹介しました。

配達パートナーは、チップを期待して配達しているわけではありませんが、だからこそ、チップをいただいたときは格別に嬉しいものです。

もしチップを渡したいという気持ちがあるときは、ご紹介したような方法を試してみてはいかがでしょうか。

初回ご注文に限り、本サイト限定のプロモコードをご利用いただけます。

  • Uber Eatsアプリにチップ機能が追加された
  • レストランと配達パートナーに渡すことができる
  • 配達パートナーには現金以外にもあげることができる

\こちらの記事もおすすめ/

▼Uber Eats注文アプリのインストールとアカウント登録手順は、こちらの記事をお読みください。

▼Uber Eats(ウーバーイーツ)注文の始め方は、こちらの記事をご覧ください。

\初回の注文が1000円オフ/

>>Uber Eats 注文アカウント登録

初回の注文が1000円オフ!

【プロモコード】

interjpq2206j9ie

【プロモコードコピーボタン】

↓タップするだけ簡単コピー

プロモコードをコピー

Uber Eats 注文アカウント登録

こちらの記事もおすすめ