ウーバーイーツ活用ブログ
基本情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間

本記事では、Uber Eatsで料理を注文できる時間についてご説明します。

Uber Eatsのサービス時間は拡大傾向にあって、とても柔軟に変更されています。

本記事では、2019年11月現在の最新情報をお伝えしますが、すぐに営業時間が変わってしまう可能性もあります。

ここではUber Eatsの営業時間の考え方を理解して、サービスを利用していただければ良いかと思います。

【公式】Uber Eatsアカウント登録

 【a】Uber Eats オーダープログラム
Uber Eats 公式ページ

Uber Eatsで料理を注文できるのは早朝何時から?

Uber Eatsを使って料理を注文するためには、①「Uber Eatsのサービス営業時間」と②「加盟レストランの営業時間」、両方の営業時間内である必要があります。

また、Uber Eatsの営業時間は、エリアによっても異なりますのでご注意ください。

①【Uber Eatsのサービス営業時間】※アプリが使える時間

エリアごとに以下のように営業時間が異なります。(2019年11月)

②【加盟レストランの営業時間】

当然ながらレストランによって違います

ガストやバーミヤンなどの24時間営業のレストランもあれば、10時から22時までの個人経営のカレー屋さんもあります。

Uber Eatsアプリで料理を注文するには、Uber Eatsのサービス時間とレストランの営業時間、両方の営業時間の間だけ料理を注文できます。

Uber Eatsの利用時間なのに注文できない?

基本的には上で説明したとおりですが、Uber Eatsのサービス時間、加盟レストランの営業時間なのに、料理を注文できないこともあります。

例えば、以下のような場合があります。

  1. Uber Eatsの配達パートナーが不足していて配達が遅延または停止している
  2. 加盟レストランが忙しいため、配達需要に対応できないので受付けを停止している

Uber Eatsのサービスは、料理を配達するお仕事とエリアで待機している配達パートナー(パートナー)をマッチングするサービスです。

そのため、料理の配達需要とそのエリアで待機している配達パートナーの供給量のバランスが崩れて配達パートナーが不足してしまうと、配達が遅延したりサービスが一時停止することがあります。

特に雨天の場合は配達パートナーが不足する傾向にあるので、Uber Eatsのアプリを起動してもアプリから料理を注文できないことがあります。

この場合は、Uber Eatsのサービス時間内でも注文が出来ないことがあります。

営業時間中であっても、Uber Eatsのサービスや加盟レストランの都合により、注文できないこともあるので注意!!

まとめ

Uber Eatsで料理を注文できるのは以下の条件を満たしている時間のみということになります。

  1. Uber Eatsのサービス時間
  2. 加盟レストランの営業時間
  3. Uber Eatsの配達パートナーが充分にいる
  4. レストラン側が注文を受け付けている

【公式】Uber Eatsアカウント登録

 【a】Uber Eats オーダープログラム
Uber Eats 公式ページ

▼注文アプリのインストールとアカウント登録はコチラの記事をご覧ください。

こちらの記事もおすすめ