Uber Eats 活用ブログ
配達のコツ

【自転車の盗難対策】Apple AirTagで盗まれた自転車を追跡せよ!

これからUber Eatsで配達パートナーを始めるひとや、すでに配達をしている人の中には

  • 自分が愛用しているロードバイク・クロスバイクで配達がしたい!!
  • でも盗まれるのが怖いから、配達で使いたくない(´;ω;`)

とい人も多いのではないでしょうか。

とくにロード・クロスは高級なものなら20万円を超えるのもザラですから、盗まれてしまうのではないかと不安になるのも当然です。

でも、安心してください。防犯にはなりませんが、盗難に遭った自転車を見つけるためのアイテムがあるんです。

本記事では、愛用している自転車が盗難に遭ったときに自転車を追跡できる「Apple AirTag」についてご紹介します。

本記事のポイントまとめ

  • 自転車にAirTagを装着しておけば、いつでも自転車の場所を特定できる
  • GPSの紛失防止タグと違って、AirTagならランニングコストがほぼかからない(電池のみ)
  • 1個3,800円、4個12,800円でApple製品とは思えない安さ

Apple AirTag(エアタグ)とは?

Apple AirTagは、その名の通りApple社が販売している「紛失防止タグ」です。

引用:Amazon

サイズは、500円玉より少し大きいサイズのコンパクトなデバイスで、タグを自分の所有物などに装着することで、スマホから位置情報が検索できるようになります。

iPhone ユーザーならお馴染みの「探す」機能が、スマホ以外の持ちものにも使えるようになった、と考えれば分かりやすいと思います。

  • iPhoneの「探す」機能が、スマホ以外のものに使えるようになった

配達パートナーのエアタグ活用術

フードデリバリーの配達パートナーにとって、自転車は一番大切な商売道具ですが、残念ながら高価なものほど盗難の被害に遭いやすくなります。カギをかけていても強引に盗まれることすらあります。

配達パートナーのTwitterを見ていると年中こんなツイートを見かけますね。

引用:Twitter

しかし、AirTagを自転車に装着しておけば、万が一にも自転車が盗難にあった時に、後から追跡することができます。

配達ヤギ

自分で追跡して犯人を捕まえるのは危険なので、警察に届け出て犯人を逮捕してもらうのが得策です。組織犯罪かもしれませんので、無茶はしないでくださいね。

  • 自転車にAirTagを装着しておけば、いつでも自転車の場所を特定できる

Apple AirTagのメリット(GPSタイプの紛失防止タグとの違い)

AirTagの使い方を聞いて、「GPSタイプの紛失防止タグ」との違いがわからない人もいるかもしれません。

そこで、AirTagのメリットについてご説明します。

AirTagの最大のメリットは、タグを最初に購入するだけで、あとはランニングコストが「ほぼ」かからない点です。

GPSタイプのタグ場合は、センサーを購入するイニシャルコストの他、毎月ランニングコストがかかってきます。

一方AirTagならば、はじめにタグを購入するだけで、1年に1回くらいボタン電池の交換が必要になるだけです。

その理由を知るには仕組みを理解する必要があります

  • GPSの紛失防止タグと違って、AirTagならランニングコストがほぼかからない(電池のみ)

AirTagのしくみ

AirTagを使うためには、 iOS 14.5以降の iPhone もしくは iPad が必要です。

Amazoで買ったタグを自転車に貼り付けます。盗難されたときにはがされないように、できるだけ目立たない場所に貼るのがよいでしょう。

地図上でAirTagの場所を探す時には、 Bluetooth が使われます。

Bluetooth の弱点は通信の距離の短さ(約10 M)ですが、AirTagの面白いところは、自分以外の誰かのスマホのBluetoothを使って位置情報を特定することができることです。

AirTagはアプリをインストールしなくても使えるので、インターネットにつながる全てのひとの iPhone や iPad が中継地点となります。

そのため、盗まれた自転車の近くにだれかの iPhone や iPad が来れば、場所を特定することができるわけです。

以上のような仕組みになっているので、GPS で通信するような紛失防止タグと違って、ランニングコストがほぼゼロ(ボタン電池のみ)で利用し続けることができます。

配達ヤギ

もちろん自転車以外にもいろいろ使えるよ!

  • AirTagは、近くにいるiPhoneユーザのBluetoothを使うのでコストがかからない
  • AirTagはもちろん自転車以外にも使えるので、アイデアしだいで使い方は無限大

Apple AirTagの価格・購入方法

Apple AirTagはAmazonで購入できます。

値段は以下の通り。

  • 1個で3,800円
  • 4個で12,800円
配達ヤギ

え?アップル製品にしては、めっちゃ安くない?

自転車や財布などの高価なものに入れて使えて、あとで別のものに装着して転用もできるので、まったく高くないと思います。

  • Amazonで購入可能だが人気なので品切れ多し
  • 1個3,800円、4個12,800円でApple製品とは思えない安さ

まとめ

本記事では、自転車の盗難対策としてAppleのAirTagを使う方法についてご説明しました。

防犯にはなりませんが、盗難にあった時の対策として使える他、心理的な安心感を得ることにもつながります。

自転車以外にも財布に入れるなど使い方は無限にあります。 iPhone ユーザーは一つ購入してみてはいかがでしょうか。

  • 自転車にAirTagを装着しておけば、いつでも自転車の場所を特定できる
  • GPSの紛失防止タグと違って、AirTagならランニングコストがほぼかからない(電池のみ)
  • 1個3,800円、4個12,800円でApple製品とは思えない安さ

\こちらの記事もおすすめ/

▼便利なアイテムを使って配達の効率化をする方法はコチラの記事をご覧ください。

▼配達のコツはこちらのまとめ記事をご覧ください。