Uber Eats 活用ブログ
配達の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)今後のサービスエリアの拡大動向を予測します!

Uber Eatsは、2016年9月に日本の渋谷区と港区でサービスを開始して以来、破竹の勢いでエリアを拡大してきました。

2020年に入った現在でも勢いは留まることを知らず、2020年前半に広島でサービスが開始されるというアナウンスもされています。

本記事では、「今後Uber Eatsのエリアがどのように拡大していくか」について、本ブログ管理人が勝手に予測いたします。

\初回の注文が1000円オフ/

初回の注文が1000円OFF!

プロモコード: interjpq2206j9ie

>>Uber Eats 注文アカウント登録

※登録はもちろん無料!クレジットカードなしでもOK!

今後のUber Eatsのサービス拡大エリア予測

  1. 広島市
  2. 堺市
  3. 相模原市
  4. 北九州市
  5. 仙台市

これまでのサービスエリア拡大の経緯

まずは、これまでのサービスエリアが拡大してきた経緯を確認してみましょう。

下のグラフのように、2016年9月に東京の渋谷区と港区でサービスを開始してから、右肩上がりで加盟レストラン数を増やしています。

出展:JMR生活総合研究所

上のグラフから、Uber Eatsのエリア拡大戦略が以下のように見て取れます。

2016年~2017年 試験運用期

東京都をモデルケースとした試験運用を実施、完了

2018年~2019年 エリア拡大期

東京のモデルケースをもとに、本格的に全国でエリア展開を開始

エリア拡大の勢いは衰えていないので、2020年以降もサービス提供する地域を増やしていく計画であると予測できます。

既に日本でサービスエリアになっている地域

既にサービスエリアになっている地域は、以下の9つの都道府県です。

※各都道府県の全域がサービスエリアというわけではありません

  1. 東京都
  2. 埼玉県
  3. 千葉県
  4. 神奈川県
  5. 愛知県
  6. 京都府
  7. 大阪府
  8. 兵庫県
  9. 福岡県

▼サービスエリアの詳細は、以下の記事をご覧ください。

配達ヤギ

日本は人口が平野部の狭いエリアに密集しているので、Uber Eatsのサービスに適した国なのかもしれないですね!

サービスエリアになる基準は何か?

次は、「サービスエリアの選定基準は何か?」という疑問について考えてみます。

サービスエリアの選定基準は何か?

上に挙げた既存のサービスエリアの9つの都道府県を見てピンとくるでしょうか。

実は、日本の政令指定都市のうち、以下の2つを同時に満たしている都市を中心にエリア展開していることが分かります。

  • 人口の多い都市
  • 人口密度の高い都市

実際に、日本の政令指定都市の2019年のランキングを見て確認してみましょう。

※データは、こちらのサイト「都道府県市区町村」から引用しています。

人口の多い都市ランキング

緑色のセルは、2020年1月現時点で既にUber Eatsのサービス開始済みの都市です。

人口の密度の高い都市ランキング

緑色のセルは、2020年現時点で既にUber Eatsのサービス開始済みの都市です。

配達ヤギ

人口が多い都市の中で、人口密度が高い都市から優先的にサービスが開始されているように見えます!

サービスエリアの選定基準となるポイント

人口が多い・人口密度が高いことが最も重要なポイントであるとして、札幌市や仙台市などでサービスが開始されていないのはなぜでしょうか?

おそらく、札幌や仙台でサービス開始していない理由としては・・・

  • 近隣に同じような都市が少ないこと(孤立している)
  • 天候(例えば降雪)によってサービスの質が悪くなること

といった点が考えられます。

以上を踏まえて、改めてサービスエリアの選定基準を整理してみました。

  1. 人口が多い都市であること(需要が多いため)
  2. 人口密度が高い都市であること(配達の効率化のため)
  3. 他の同様な都市と隣接していること(エリア拡大のため)
  4. 降雪地域でないこと(サービスの質が低下するため)

今後のサービスエリア拡大予測

最後に、本記事のクライマックスであるサービスエリアの拡大予測についてご説明します。

今後のサービス拡大エリア予測

上に挙げた条件をもとに、今後のサービスエリアの候補になりそうな都市を予測したものが、下の表の黄色セルの都市です。

サービス開始される可能性が高い都市をランキング形式にしてみました。

  1. 広島市
  2. 堺市
  3. 相模原市
  4. 北九州市
  5. 仙台市

広島市は、2020年前半をめどにサービス開始することが既にアナウンスされていますので、ほぼ確定です。

堺市は、「既にサービス開始している大阪市の近隣」なので、今後のエリア連結も見据えると可能性が高いと予測します。

相模原市、「北九州市も同様に、既にサービス開始している町田市、福岡市の近隣」であることが条件に当てはまります。

仙台市は、「都市として孤立しているので、優先度は低め」と予測しました。

札幌市は、「降雪などの天候によって、サービスの質が左右される点が不向きである」と考えて、予測ではランキング外にしています。

配達ヤギ

ハズレても苦情は受け付けませんよ!!

まとめ

本記事では、Uber Eatsのサービスが今後どのようなエリアに拡大していくか、という予測をしてみました。

ランキングに入っている都市のあなたは、期待して待っていてください。

Uber Eatsが開始されそうな都市ランキング

  1. 広島市
  2. 堺市
  3. 相模原市
  4. 北九州市
  5. 仙台市

▼Uber Eatsより稼げる?グルメアプリmenuのサービスエリアはこちら!

▼Uber Eatsの注文需要についても予測しています。配達の戦略にお役立てください。