ウーバーイーツ活用ブログ
Uber Eatsで注文

【注文者向け】出前館 vs Uber Eats (ウーバーイーツ)!どっちで注文する!?メリット・デメリットを10項目で徹底比較!

ここ数年でフードデリバリーの選択肢が一気に増えてきたと感じませんか?

でも、選択肢が増えると、どれを使って注文すればいいか迷いますよね。

本記事では、フードデリバリー界の2トップともいえる、「出前館」と「Uber Eats」のメリットとデメリットを比較しました。

フードデリバリーをよく利用する方は、ぜひご覧ください。

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文
この記事でわかること
  • 「出前館」と「Uber Eats」で注文するときのメリットとデメリットがわかる

【出前館 vs Uber Eats】サービス内容比較表

Scale, Question, Importance, Balance, Choice, Choose

出前館とUber Eatsについて、サービスの内容(2019年4月時点)を比較したものを表にしてみました。

特に優れていると思われるサービス内容に、青い線を引いています。

出前館Uber Eats
加盟店舗数全国18000店以上(2019/4/5)10000店以上(2019/6)
最低注文金額最低でも1000円~※10円~
配送手数料200円以上が多い※2290円~※2
配達先の指定公園など自由に配達場所を指定公園など自由に配達場所を指定
配達時間30分~60分が多い※3早い場合は10分~20分※3
注文できる時間帯09:00~26:00※409:00~24:00※4
時間指定配達可能可能
料理の
メニューの数
一部の店舗ではメニューが多い
印象を受けた
主要なメニューが注文できる
支払方法クレジットカード・現金
LINEPay・AmazonPayなど
クレジットカード・現金
商品の価格ほぼ同じほぼ同じ
  • ※1 酒屋の「カクヤス」など一部は1円~の配達が可能
  • ※2 出前館では一部は配送手数料無料
  • ※3 混雑状況により変動
  • ※4 これらの時間に加えて、加盟レストラン自体の営業時間も関係します

この比較表を踏まえて、どちらをどのように使えばよいか、先に結論を書いておきます。

【出前館 vs Uber Eats】結論

Result, Balance Sheet, Follow, Success, Total

比較表をまとめてみると、注文者は「自分がいるエリアによって使い分け」をすると良さそうという結論になりました。

【Uber Eatsが使えるエリアにいる】  → Uber Eatsで注文する

  Uber Eatsで注文するメリット

  • 料理の最低注文金額が0円~注文できるお手軽さ
  • 最速で10分~20分で配達されるというスピーディさ
  • 配達パートナーの場所がリアルタイムにわかる便利さ

【Uber Eatsが使えないエリアにいる】 → 出前館で注文する

  出前館で注文するメリット

  • サービスエリアの広さ
【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

▼Uber Eatsではじめて注文される方は、こちらをご覧ください。

以下では、各サービスメニューごとに比較した結果を寸評していますので、気になる項目だけでもご覧ください。

【出前館 vs Uber Eats】各サービス内容ごとの比較

Assess, Measure, Evaluation, Business, Analytics

ここから先は、各サービスの内容ごとに、出前館とUber Eatsで比較していきますので、ご興味があればお付き合いください。

加盟店舗数:出前館の勝ち

記事の執筆時点では、出前館のほうが加盟店舗数が多いので、Uber Eatsに比べて広いエリアで利用できそうです。

出前館の特徴として面白いのは、「新聞配達の拠点を利用している」という点です。

新聞配達の拠点は全国にありますので、その配達網とノウハウは出前館の強みといえそうです。

ただし、Uber Eatsのサービスエリアはと加盟レストランは爆発的な勢いで増えていますので、数年後に加盟店舗数が逆転していても全くおかしくありません。

最低注文金額:Uber Eatsの勝ち

料理の注文金額が0円から利用できるUber Eatsの方が便利です。

最低注文金額とは、いくら以上の料理を注文すればデリバリーしてくれるか?ということです。

最低注文金額が1000円の場合は、1000円以上の料理を注文しなければ、そもそもデリバリーを利用することが出来ないということになります。

出前館で注文をする場合は、最低注文額が1000円以上に設定されていることが多いようで、1400円という設定も目立ちますので2人~での注文が一般的ですね。

Uber Eatsは、独身の学生やサラリーマンにとっても注文しやすい金額設定です。

配送手数料:引き分け

出前館とUber Eatの配送手数料は、どちらも200円~300円くらいの幅で選択肢が十分にあるので、サービス内容に大きな差はないといえます。

出前館は店舗ごとに異なりますが、無料~300円くらいに設定されていることが多いです。

この手数料が店舗ごとの固定料金なのか、あるいは配達先までの距離や時間帯によって変動するのかわかりませんでした。

一方で、Uber Eatsの配送手数料は、注文の込み具合や天気の状況などによって配達する人が不足してくると、配送手数料が上がることがあります

Uber Eatsを利用するときのコツとしては、11時~13時、18時~20時ころのピークの時間帯からずらして注文すると、配送手数料が安くすみます。

配達先の指定の自由度:引き分け

出前館・UberEatsともに、屋外への配達が可能なようですので、サービス内容に差はないです。

公園や河川敷などで受け取るような場合は、正確な住所や位置を配達パートナーに伝えたり、受取場所をわかりやすい場所に指定するなど、メッセージのやりとりが必要になることもあります。

そんなときは、配達パートナーと注文者でメッセージができる、Uber Eatsアプリの方が便利かもしれません

配達時間:Uber Eatsの勝ち

本ブログ管理人は両方のサービスをよく使うのですが、Uber Eatsの方が配達が早いことが多いです。

ひとつ面白い点としては、Uber Eatsは配達するひとのリアルタイムな場所が、スマホアプリで確認できるので、近くに来てから受取りの準備ができます。

出前館が30分以上かかることが多いのに対して、Uber Eatsは早ければ10分~20分で料理が届くこともあります

もちろん、レストランから配達先までの距離や注文の混雑状況によって大きく変わってきますので、必ずしもUber Eatsの方が早いわけではないことをご理解ください。

出前館の配達パートナーは「新聞配達の拠点で待機している」のに対して、Uber Eatsの配達パートナーは「各レストランの近くに分散して待機している」という配達の仕組みの違いが、配達時間に影響しているのかもしれません。

注文できる時間:引き分け

注文できる時間は、出前館が09:00~26:00に対して、Uber Eatsは09:00~24:00と多少の出前館の方が長いですが、利便性の差はほとんどないです。

ただし、実際に料理を注文できるのは、加盟しているレストラン自体の営業時間に限られますので、出前館で24:00~26:00に注文できるのは、24時間営業のチェーン店くらいですね。

料理のメニューの数:出前館の判定勝ち

出前館とUber Eatsのアプリを使って、いくつかのレストランで注文できるメニューを比較してみたところ、注文できる料理のメニューの数は、出前館の方が多いような印象を受けました。

ただし、Uber Eatsにも主要なメニューは揃っていますし、メニューの多さが満足度に直結するわけでもないので、気にするほどの差はないと感じました。

商品の価格:引き分け

商品の価格を気にされる方もいるかもしれませんが、管理人が目で見て確認した限りでは出前館もUber Eatsもメニューの価格は同じでした。

デリバリー用のメニューの価格は、店頭や店内で購入する価格に比べると15%~30%くらい高い設定になっています。

実際のレストランで比較してみた

bread with patty and sliced tomato and lettuce burger

レストランで実際に注文する場合にどうなるか、アプリで比較してみました。

比較したときの条件は、こんな感じです。

比較したときの条件
  • 配達先  :横浜市西区区役所
  • 時間帯  :平日の日中帯14時
  • 天候   :晴れ(2019年4月5日)
  • レストラン:出前館とUber Eatsで共通のレストラン

「伝説のすた丼」で注文する場合

丼ものの代表として「伝説のすた丼」に注文する場合で比較してみました。

やはり配達時間、最低注文額の2点でUber Eatsの方が優れていました。

出前館Uber Eats
配送時間60分     25分~30分
配送手数料300円290円
最低注文額1500円0円
メニューの数同じ同じ

「ピザハット」で注文する場合

配達の王道ともいえるピザの代表で「ピザハット」です。

ピザハットは独自の配達機能をもっているので、出前館の場合でも30分くらいで配達ができます。

また、ピザの場合は注文金額が1400円を超えることが多いと思いますので、最低注文金額の高さは問題にならないですね。

さらに、配送手数料は出前館の場合は無料になることと、注文できるメニューの多さもメリットです。

ピザのように独自で配達機能を持っているレストランの料理は、出前館で注文したほうがよさそうです。

出前館    Uber Eats
配送時間30分25分~35分
配送手数料0円    170円
最低注文額1400円0円
メニューの数多い少ない

「ウマミバーガー」で注文する場合

次はハンバーガーです。

わたしは「ウマミバーガー」を利用したことはありませんが、出前館とUber Eatsどちらからも注文可能な店舗なので、今回チョイスしてみました。

やはり、配達時間と最低注文額に大きく差があるので、Uber Eatsを利用するのがよいと思います。

出前館    Uber Eats
配送時間60分30分~40分
配送手数料
300円290円
最低注文額1500円0円
品揃え同じ同じ

まとめと感想

本記事では、出前館とUber Eatsでは、どちらのサービスが優れているかについて比較してみました。

それぞれのメリット・デメリットを最後に箇条書きでまとめとさせていただきます。

まとめ

  • 出前館のほうが全体的な配達エリアが広い
  • Uber Eatsのほうが配達時間、最低注文額が優れている
  • Uber Eatsのエリア内ならUber Eatsを利用するのがおススメ
  • Uber Eatsのエリア外なら出前館を利用するのがおススメ
  • ピザのように自前の配達機能がある店は、出前館を利用するのがおススメ
【a】Uber Eats  フード デリバリー注文