Uber Eats 活用ブログ
節税のコツ

【Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告】経費にできる費用(参考)

初めて確定申告をする人にとっては、何を経費として計上すれば良いか分からない、という悩みはないでしょうか。

本記事では、Uber Eats関連の費用の中で、経費にできそうなものについてまとめました。

確定申告の際に、うっかり漏れている費用がないかチェックしていただければ幸いです。

※本記事の内容は、参考例となります。実際の確定申告の際には税理士に相談するか、各位ご判断のうえで申告されてください。

本記事で解決できるお悩み

  • Uber Eatsの経費の例が知りたい
  • 経費記帳できる会計ソフトが知りたい

Uber Eatsの経費となりそうな費用の参考例

本部ログ管理人の基本的な考えとしては、Uber Eatsの配達で報酬を得るために直接的に必要な費用かどうか、という基準で判断しています。

Uber Eatsの配達をしなくても必要となるもの、例えば「食費」「住居費」などは、個人事業主の経費として相応しくない、と考えます。

定期的に発生する費用(毎月・毎年)

Uber Eatsの配達をするうえで、定期的に発生する費用の例を挙げてみました。

  • 配達に使う車両の維持費
  • レンタル自転車の毎月の費用
  • スマホの毎月の通信費
  • 月極の駐車場・駐輪場代
  • 自転車保険・自賠責保険等の費用(月額・年額)

不定期に発生する費用

今度は、不定期に発生する費用の例を挙げてみました。

不定期に発生する者は、いざ確定申告のときにまとめて記帳しようと思っても、思い出せないことが多いです。

費用が発生した日のうちに、レシートや出金伝票を専用の箱などに保管しておくと良いです。

  • スマホ本体購入費
  • スマホホルダー購入費
  • モバイルバッテリー購入費
  • 配達専用に用意した制服(あれば)
  • レインコート・防水スプレー購入費
  • 自転車用のヘルメット購入費
  • 電動アシスト自転車のバッテリー購入費
  • 自転車のドリンクホルダー購入費
  • 車両の修理・メンテナンス費
  • ガソリン代
  • 配達エリアまで電車でいくときの交通費
  • 配達用バッグの洗濯代
配達ヤギ

何を経費にするか・しないかは、各自で判断してね!

プライベートと事業で共用しているモノの費用を家事按分して経費にする

プライベートと事業で共用のものに掛かった費用は、全額を経費にすることはできません

使用した割合に応じて、キチンと家事按分して経費にしましょう。

家事按分するとはどういうことか?

家事按分とは、「使用した割合に応じて費用を割り振る」ということです。

※「家庭」と「事業」で「按分」するという、文字通りの意味です

例えば、プライベートと事業でスマホを5:5の割合で使っている場合、毎月の通信費のうち5割を経費として計上しましょう、という考え方です。

この割合のことを按分比率といいます。

家事按分の方法にはどういったものがあるか?

それでは、プライベートと事業の按分比率は、どのように決めるべきでしょうか。

結論としては、按分の仕方について法律などで明示されていないので、各個人の判断に任されています。

だからといって、適当に按分して良いというわけではなく、客観的合理的な方法でなければなりません。

ひとつ例を挙げて考えてみましょう。

配達用バイクの費用を家事按分する例

仮に下のような感じで、バイクをプライベートと事業で使っているとしましょう。

  • 1週間を7日間とする
  • 週末の2日間は、バイクをプライベートに使っている
  • 平日の5日間は、バイクを配達に使っている

この場合、按分比率を「家庭2:事業5」とするのが、ひとつの方法だと考えます。

大事なポイントとしては、客観的・合理的な基準であることです。

仮に税務署員に質問されたときに、その場で簡単に答えられる基準を採用すると良いでしょう。

配達ヤギ

いちど決めた按分方法は、コロコロ変えてたら信頼性がないから一貫性も大事だね!

記帳と確定申告は、会計ソフトを使う

経費を帳簿に記帳するときは、会計ソフトを使うことをおすすめします。

会計ソフトを使えば、簿記や会計の知識があなりなくても記帳ができますし、入力したデータをもとに、ほぼ自動的に申告書類を作成することができます。

おすすめの会計ソフトとしては、以下の3種類を挙げましたので、参考にしていただければ幸いです。

経費の考え方や会計ソフトの使い方などに関する質問をしたい場合は、サポートありのプランを利用されることをおすすめします。

■白色申告なら「やよい」がおすすめ

■青色申告なら3つともおすすめ

▼会計ソフトの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

本記事では、「Uber Eatsの配達で経費にできそうな費用」をピックアップしてご紹介しました。

上に書いた費用が、必ずしも経費にできるということではありませんので、最終的には各位でご判断をお願いします。

まとめ

  • 事業に直接必要になったものを経費とする
  • 家庭と事業で共用のモノは、家事按分をする
  • 会計ソフトを利用して記帳する

▼経費にできる便利なアイテムを使って、配達を効率化するにはコチラの記事をご覧ください。