ウーバーイーツ活用ブログ
配達のコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のロングドロップ戦略!配達効率化のための向き合い方

配達パートナーのみなさんは、『ロングドロップ』が好きでしょうか、それとも嫌いでしょうか。

配達パートナーのツイッターアカウントを観察していると、ひとにより反応は様々だと思います。

ロングドロップの配達は、報酬を効率的にもらえるのか、それとも非効率なのか、モヤモヤしませんか?

本記事では、そんなモヤモヤをはっきりさせて、ロングドロップを狙いに行くべきかどうかを考えたいと思います。

本記事でわかること
  • 配達パートナーにとって、ロングドロップは効率的なのか、非効率なのかがわかる
  • ロングドロップを避けるためにはどうすればいいかがわかる

▼配達効率をアップする便利アイテム情報はコチラをご覧ください

そもそも、『ロングドロップ』ってなに?

配達パートナー用語としてはお馴染みのロングドロップ、念のため言葉の意味を確認しておきましょう。

Uber Eatsの公式の用語ではないのですが、配達パートナーの間では、以下のような意味合いで使われています。

ロングドロップとは

料理の配達元のレストランから配達先までの距離が長い配達のこと

※距離の基準はありませんが、ツイッターを見ていると4km位がロングドロップの境目のように思います。

ロングドロップかそうでないかの境目は、だいたい4kmあたりのようです。

配達に使っている車両が「原付バイク」か「自転車」かによっても、感じ方は大きく違うでしょうね。

どちらかというと、ロングドロップ歓迎派は、原付バイクの配達パートナーが多いという印象です。

結論:ロングドロップは効率の良く報酬を得られるか

さて、ロングドロップが効率の良い配達なのかどうか、結論から書きます。

【結論】

  • 配達するときのスピードによって、ロングドロップが効率の良い配達になるかどうか決まる
  • スピードを出しやすいロードバイクや原付バイク(50㏄~125㏄)は、ロングドロップに向いている
  • 東京・千葉・埼玉エリアは、ロングドロップは効率が良い
  • その他のエリアは、ロングドロップは効率が悪い

以下は、例えば1時間あたり1,300円の報酬を目指す場合では、以下のように考えればよいです。

【東京・千葉・埼玉エリア】

  • 時速15㎞以上で配達できる     → ロング向き
  • 時速10㎞~15㎞で配達できる   → ロング可
  • 時速10㎞以下でしか配達できない  → ロングに向いてない

【その他のエリア】

  • 時速25㎞以上で配達できる     → ロング向き
  • 時速20㎞~25㎞で配達できる   → ロング可
  • 時速20㎞以下でしか配達できない  → ロングに向いてない

どうしてこんな結論になったか、気になるかたは続きをご覧ください。

考察:ロングドロップは効率の良く報酬を得られるか

こういうテーマのときは、極端なケースで考えてみると、特徴をとらえることができると思います。

今回のロングドロップ問題の場合は、以下のように考えます。

超ロングドロップの配達を受けて、ずーっと運転し続けた場合に、1時間当たりどれくらい報酬がもらえるかを考える

つまり、レストランにピックアップしたり、配達先にドロップすることを考えずに、ずーっと運転し続けたときの報酬が満足できるものなら、ロングドロップが効率の良い配達ということになります。

ずーっと運転し続けたとき、以下の2つの要素で報酬が決まります

  • エリアごとに決められている「距離料金
  • エリアごとに決められている「サービス手数料

サービス手数料を引いた後の距離料金(1㎞あたり)

  = 距離料金(1㎞あたり) x (1-サービス手数料)

エリアごとの「サービス手数料を引いた後の距離料金」

2019年8月現在の配送料金からエリアごとに計算すると、以下のようになります。

東京・千葉・埼玉エリアの料金体系は、1㎞あたりの距離料金が高く設定されていることがわかります。

この時点で、東京・千葉・埼玉での配達は、ロングドロップ向きであることが見えてきました。

1時間あたりにもらえる報酬を計算してみる(東京・千葉・埼玉エリア)

次は、配達速度とブーストを条件に加えて、運転し続けた時に1時間あたりにもらえる報酬を計算してみましょう。

まずは、東京・千葉・埼玉エリアです。

例えば、ブーストが1.0倍のときに、時速15㎞で配達すると、距離料金で1時間あたり1,463円の報酬がもらえるということになります。

上の黄色いセルは、1時間当たり1,300円以上の部分です。

東京・千葉・埼玉エリアでは、スピードが速い配達パートナーにとっては、ロングドロップがかなり効率がいいと言えますね。

ただし、実際はロングドロップでサービスエリアの僻地に飛ばされた場合は、次のリクエストを受けられる場所に戻ってくる必要があるので、その分の効率を差っ引いて考えてください。

1時間あたりにもらえる報酬を計算してみる(その他のエリア)

配達速度とブーストを条件に加えて、運転し続けた時に1時間あたりにもらえる報酬を計算してみましょう。

その他エリア(東京・千葉・埼玉以外)です。

例えば、ブーストが1.0倍のときに、時速25㎞で配達すると、距離料金で1時間あたり1,350円の報酬がもらえるということになります。

上の黄色いセルは、1時間当たり1,300円以上の部分です。

その他エリアは、ロングドロップ配達で効率よく配達報酬を得るには、かなりのスピードが必要になることがわかると思います。

ちなみに法定速度が以下のように定められているので、50㏄~125㏄の原付バイクでないと、平均速度25km/hは難しいかもしれません。

  • 自転車           :法定速度なし
  • 原付バイク(50㏄以下)  :30㎞/h
  • 原付バイク(50㏄~125㏄):60㎞/h

しかも、ロングドロップで僻地に飛ばされるエリアの場合は、さらにロングドロップの効率は悪くなります。

ロングドロップを受けたくない場合、どうすればいい?

料理を受け取って配達を開始するまで配達先はわかりませんが、実際に配達をしてみると、配達距離が短くなりやすいパターンがわかってきますよね。

わたしの経験上、配達距離が短くなりやすいと思うパターンを箇条書きにしてみます。

  • 多店舗展開しているチェーンレストラン(主にマクド)
  • 客単価が低いレストラン(配送料も低くなる、主にマクド)
  • 雨の日に距離制限が発動したとき
  • 平日のオフィス街のレストラン

こんな感じでしょうか。

ロングドロップを避けるための最も楽な方法は、マクドナルドを筆頭にケンタッキー、吉野家、松屋などの客単価が低い多店舗展開のチェーン店のリクエストを中心に受けるようにするのがよさそうです。

まとめ

本記事では、ロングドロップの配達効率について検討してみました。

配達パートナーの移動スピードや配達エリアによって、ロングドロップに向いているか、そうでないかが変わってきますね。

本記事の内容が、配達パートナーのみなさんの参考になれば幸いです。

まとめ

  • 配達するときのスピードによって、ロングドロップが効率の良い配達になるかどうかが変わる
  • スピードを出しやすいロードバイクや原付バイクは、ロングドロップが効率のよい配達になりやすい
  • 東京・千葉・埼玉エリアは、ロングドロップが効率が良い
  • その他のエリアは、ロングドロップは効率が悪い
  • ロングドロップを避けたいなら、マクドナルドのリクエストを受ける

こちらの記事もおすすめ