Uber Eats 活用ブログ
配達の始め方

デリバリーアプリmenu(メニュー)配達用バッグの調達方法【Uber Eatsでも使えるバッグを買おう】

menu(メニュー)で配達を始めるときに、配達用のバッグを自前で用意する必要があります。

配達に使うバッグに指定はありませんが、料理が冷めてしまわないように、保温性や機能性などを満たしている必要があります。

本記事では、menuの配達を始めるときに必要となる配達用バッグの調達方法についてご説明します。

本記事で解決できるお悩み

  • menuの配達バッグがほしい
  • Uber Eatsの配達にも利用できるバッグがほしい

配達用バッグに求められる機能

menuでの料理の配達はアルバイトではなく、レストランからの配達業務の請負になります。

そのため、配達用バッグはmenuの運営から支給されたり指定されるものではありません。

あくまでも、配達クルー(配達員)が個人事業主として、機能を備えたバッグを自分で用意する必要があります。

配達用バッグは、配達クルーが自分で用意するもの。

配達用バッグに求められる機能は、以下のようなものです。

  • 型くずれしにくく安定感がある
  • 保温機能、防水加工が施されている
  • 折り畳むことが可能

夏場は特に食中毒の恐れがありますので、保冷機能のある丈夫なバッグが必要になります。

配達用のバッグを調達する方法

配達用のバッグの調達方法にはいくつかありますのでご説明します。

menu配達バッグ(ロゴ入り) 3900円

menuでは公式ストアで配達用バッグを販売しています。

ただし、先程も書いたようにmenuで配達に使うバッグは自分で調達するものなので、こちらのバッグの使用は強制ではありません。

色はオレンジ・シロ・クロの3色あります。

新品で3900円なので機能・品質の割に安いです。

引用:menuクルーガイド

実はコレ、Uber Eatsの配達バッグとまったく同じものです。ただデザインが違うだけですね。

以下のmenu公式サイトから購入できます。

>>menu公式サイト

Uber Eats配達バッグ(ロゴ入り) 4000円

すでにUber Eatsの配達バッグをもっているなら、配達用バッグの機能を満たしているので、menuで利用することもできます。

ただし、Uber Eatsのロゴ入りバッグを使ってmenuの配達をすると、レストランや注文者に誤解を与えるかもしれませんので、おすすめはしません。

こちらのバッグは、以下のリンクからアマゾンで購入することができます。

>>Uber Eats配達バッグ(ロゴ入り)

Uber Eatsの配達バッグをmenuに使っても良い。ただし、レストランや注文者から見るとまぎらわしい。

Uber Eats&menu共用の配達バッグ(ロゴなし)(4000円)

こちらのバッグは、一時期Uber Eatsの配達員に貸与されていたバッグです。

バッグにロゴがついていませんので、これならUber Eatsの配達に使っても、menuの配達に使っても全く問題ありませんね。

配達用バッグを調達するなら、ログなしのバッグをおすすめします。

こちらのバッグは、以下のリンクからアマゾンで購入することができます。

>>Uber Eats&menu共用の配達バッグ(ロゴなし)

Uber Eatsとmenu両方の配達で使うなら、ロゴなしのバッグを購入するのがベスト。

まとめ

本記事では、menuの配達バッグの調達方法についてご説明しました。

もちろんデザインの好みでバッグを選んでも構いませんが、Uber Eatsとの共用ができるようなデザインを選んでおくのもありでしょう。

Uber Eatsとmenuの両方で稼働するなら、ロゴなしのバッグを購入するのがベターです。

menuの配達の仕事は、Uber Eatsの配達とまったく同じなので、以下の記事もお役に立ちます。

▼menuの配達に役立つアイテムやコツなどお得な情報が満載!

▼Uber Eatsとmenuの配達報酬の比較はこちら!

▼menuの配達クルー登録はこちら!