Uber Eats 活用ブログ
配達の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法を解説【ドライバー登録手順】

Uber Eatsの配達の仕事に興味を持ったら、さっそく配達パートナーとして登録してみましょう。

とりあえず登録するだけで稼働しなくてもOK!

配達ヤギ

登録はすべてオンライン、1時間で終わるよ!

本記事では、Uber Eatsの配達パートナー(ドライバー)になるための全体的な流れと詳しい手順をご説明します。

\ 登録だけでもOK /

▶Uber Eats 配達アカウント登録

本記事の要約まとめ

  • すべての手続きはオンラインで可能
  • 配達についてわからないことも電話サポートの予約をして聞くことができる
  • 配達バッグはアマゾンから適正価格で購入

【概要】配達パートナーの登録の流れ

Uber Eatsで配達の仕事を始めるためには、事前に配達パートナーとして登録する必要があります。

配達パートナーの登録方法について、8つのステップにわけてご説明します。

配達ヤギ

くわしく解説するのでステップが多くなったけど、難しくないので安心してね!

ステップ1.アカウント作成

ステップ2.配達車両の登録

ステップ3.書類の準備

ステップ4.書類のアップロード

ステップ5.銀行口座の登録

ステップ6.アプリのインストール

ステップ7.アカウント承認後の準備

審査に使用する書類は、スマートフォンで撮影した画像をアップロードするため、手続きはすべてオンラインで完結することができます。

登録に必要な 書類の準備ができていれば、申請は1時間もかかりません。申請してから承認されるまでの期間は、早ければ数日、最長で2週間となってい ます。

  • すべての手続はオンラインで可能です
  • 承認までの期間は数日かかります

ステップ1.アカウント作成

まずはじめにアカウントを作成しましょう。

アカウント登録サイトに移動

以下のリンクをクリックすると、パソコンの場合はアカウント登録サイトに移動しますスマホの場合はドライバー用のアプリインストール画面に移動します。

▶Uber Eats 配達アカウント登録

スマホの場合はインストールしたスマホアプリからアカウントを作成する流れになります。

配達パートナー登録フォームに入力

「配達パートナー登録フォーム」に必要事項を入力してください。

※スマホの場合もドライバー用アプリを起動してアカウント作成を進めると同じ画面になります

入力項目の説明と注意事項

入力がむずかしい項目はありませんが、不明点がある場合は以下を参考にしてみてください。

▶この表は横にスライドできます

入力項目説明・注意事項
メールアドレスGmail や Yahoo!メールも利用可能
名(ローマ字)
姓(ローマ字)
名・姓の順番でローマ字入力
記入例「Shota Suzuki」
電話番号配達に使用するスマホの電話番号
電話番号がないデータ SIM 契約は不可
記入例「09012345678」
パスワード任意のパスワードを入力
都市配達する予定の都市名
都市名を途中まで入力 すると候補が出る
記入例「沖縄県沖縄市」
紹介コード紹介コードの入力は省略可
紹介者がいる場合は入力
アカウント作成後の登録は不可

「都市」の項目には、ご自分が配達をしたいエリアの都道府県名を入力してください。たとえば、「名古屋」と入力すると、下の画面のように候補がでてきます。候補の中から選んでください。

▼Uber Eats で稼働できる最新のエリア情報は、以下の記事でご確認いただけます。

「都市」には、ご自分が配達をしたい都市名を入力しましょう。

入力例「東京」「横浜」「神戸」など。都市名を入力すると候補がでてきます。

「招待コード」は、任意なので入力しなくても問題ありません。

ステップ2.配達車両の登録

配達に使用できる車両は、「自転車」「原付バイク」「軽自動車・バイク(125cc  超)」の3種類で、レンタルしたものでも登録することができます。

ただし、軽自動車・バ イク(125cc超)を利用する場合は、事業用として登録されている必要があります

ほとんどの配達パートナーは、原付バイクか自転車を選択します。

配達ヤギ

試しに配達してみたい場合は、登録がかんたんな自転車がおすすめ。

▶この表は横にスライドできます

車両の種類備考
自転車ご自身の車両もしくはレンタルの車両
原付バイク(125cc以下)ご自身の車両もしくはレンタルの車両
軽自動車・バイク(125cc超)事業用登録されている車両
配達ヤギ

車両はあとで登録を変更することもできるからサクッと決めよう!

▼配達車両の選びかたについては、以下の記事で解説しています。

ステップ3.書類の準備

配達パートナーとして登録するには、プロフィール写真のほかに、配達時に利用する車両の各種書類(免許証など)が必要です。

アカウン ト登録を始める前に用意しておくとスムーズです。

書類の提出は、スマホで写真に撮ってアップロードするだけなので楽ちんです!!

書類1.プロフィール写真

スマホで自撮りすればOKです。

プロフィールに登録する写真は、注文者やレストラン加盟店が利用するアプリに表示されます。

清潔感のあるさわやかな写真にするのがポイントです。

  • このプロフィール写真で清潔感がないと、もらえるチップにも影響してくるかも!?
  • あとから写真を変更することはできないので注意しましょう

書類2.車両登録用の書類

配達する車両によって、提出書類は違ってきます。自分の配達車両にあわせて必要なものを用意してください!

(1)自転車の場合

  • 身分証明書

(2)原付バイクの場合

  • 運転免許証
  • 自動車登録番号標(ナンバープレート)の写真
  • 自動車損害賠償責任保険(自賠責)の証明書

(3) 軽自動車・バイク(125cc超) の場合

  • 運転免許証
  • 自動車登録番号標(ナンバープレート)の写真
  • 自動車損害賠償責任保険(自賠責)の証明書
  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • 自動車保険(任意保険)または共済保険の証明書

書類3.外国籍の方の追加必要書類(外国籍の方のみ)

  • パスポートまたは在留カードいずれかの写真

ステップ4.書類のアップロード

書類が用意できたらアップロードしましょう。

【アップロード手順】

手順1.パートナーサイトに移動する

スマートフォンまたはパソコン上でブラウザーを開き、以下のリンク(パートナーサイト)の中の「ドキュメントを管理する」ページを開きます。

登録書類をアップロードする

手順2.書類をアップロードする

必要書類の写真を準備して、「ドキュメントの管理をする」ページ上からアップロードします。

  • 書類をすべてアップロードすると、オンラインで自動的に審査されます
  • 「ドキュメントを管理する」画面でいつでも進捗を確認することができます

ステップ5.銀行口座の登録

銀行口座は、Uber Eatsのパートナーページから登録します。

登録する銀行や登録方法に注意点がありますので、よく確認しながら登録しましょう。

銀行口座登録の注意点

Uber Eatsからの振り込みは海外の口座から送金されるのですが、銀行によっては海外口座からの振り込みに対するセキュリティが厳しいことが原因で、報酬が正しく振り込まれないトラブルが報告されています。

銀行口座は、送金トラブルが少ない「三 菱UFJ銀行」と「三井住友銀行」がおすすめです。

  • ゆうちょ銀行、信用金庫および各種ネット銀行は利用できません!
  • 海外振込のトラブルの比較的少ない銀行(三菱UFJ 銀行・三井住友銀行)がお勧めです。

銀行口座の登録手順

以下のような手順で銀行口座を登録します。

手順1.パートナーページにアクセス

スマートフォンまたはPC などのブラウザーから、以下のリンクのパートナーページにアクセスする。

パートナーページ

手順2.銀行口座の登録画面に移動する

画面上記にあるメニューの一番右にある「銀行口座情報」を選択する。

「銀行口座の詳細な情報」という文の下にある[追加]を選択する。

手順3.フォームに口座情報を入力する

銀行口座の詳細な情報を記入するフォームが出てくるので、それぞれの項目に入力しましょう。

下の画面の記入例を参考に、間違えないよう慎重に入力していきます。

住所の入力がわかりずらいので、以下のポイントを参考にしてみてください。

項目の内容と注意事項

登録する内容と注意事項について以下にまとめました。

▶この表は横にスライドできます

入力項目説明(記入例)
口座名義人の氏名「名・姓」の順でローマ字入力
名と姓の間にはスペースが必要
記入例:「Shota Suzuki」
受取人の氏名
(カタカナ)
「姓・名」の順でカタカナで入力
姓と名の間には半角スペースが必要
「やゆよ」など の小文字は大文字に変換される
記入例:「スズキ ショウタ」で送信→「スズキ シヨウタ」と表示される
住所名義人の住所をローマ字で記入
日本における住所表記の最後から記入
建物名は省略
記入例:「渋谷区恵比寿 1-2-3 ウバマンション 101 号室」

の場合は「1-2-3-101, Ebisu, Shibuya-ku」
名義人都道府県住所の都道府県名をローマ字で記入
「都道府県」の部分は省略
記入例:「東京都」の場合は「Tokyo」、「大阪府」の場合は 「Osaka」
名義人郵便番号住所の郵便番号を半角数字で記入
記入例:「123-4567」
金融機関名日本語で銀行名を入力
ドロップダウンメニューから選ぶ
金融機関コード銀行の 4 桁の金融機関コードを入力
コードがわからない場合は銀行に問い合わせる
記入例:三菱UFJ 銀行 0005、三井住友銀行 000
支店コード 3 桁の支店コードを半角数字で入力
支店コードがわからない場合は銀行に問い合わせる
銀行口座番号口座番号 7 桁を半角数字で入力
口座の種類口座の種類を「普通」「当座」「貯蓄」から選ぶ
配達ヤギ

このステップでミスをすると入金トラブルになるので、慎重に進めよう!

ステップ6.アプリのインストール

ここまでパソコンで登録した方は、配達に必要なドライバー用アプリを、配達に使用するスマホにインストールしましょう。

スマホで登録したひとはステップ1で既にインストール済みなので、このステップは不要です。

Uber Driver - ドライバー用

Uber Driver – ドライバー用

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

アカウントの承認には数日かかるため、「Uber Eats配達パートナーガイド」に目を通しておくとよいでしょう。配達の仕事の基本動作 からアプリの操作方法のかんたんな説明まで、初心者に役立つ情報が満載です。

ステップ7.アカウント承認後の準備

アップロードした書類が承認されると、メールアドレス宛にアカウント承認の通知が届きます。

すでにアカウントは有効になっているため、バッグやその他のアイテムを用意できれば、いつでも配達を始められます。

配達バッグを調達する

配達を始めるためには、最低限必要となるアイテムがあります。

そのひとつが配達バッグです。

Uber Eats の配達で使うバッグは、Amazon(アマゾン)で購入することができます。現在「Uber Eats」のロゴありとロゴなしの2種類が購入できます。

配達バッグの購入については、以下の記事でくわしく説明しています。

不正な転売サイトで高い値段で購入しないようご注意ください。

▼配達用バッグの購入については、以下の記事をご覧ください。

https://life-asset-management.net/uber-bag-link

\ 登録だけでもOK /

▶Uber Eats 配達アカウント登録

その他の配達に役立つアイテムを調達する

配達に役立つアイテムはほかにもたくさんあります。

初めはお金をかけたくないと考えるかもしれませんが、初心者ほどアイテムをきちんと揃えることをお勧めします。

なぜなら、はじめの配達を続けるためには「成功体験を積み重ねること」がとても重要で、そのためには配達をしやすくするアイテムを使うほうがいいからです。

アイテムについては、以下の記事でくわしく説明しているので参考にしてみてください。

▼初心者からベテランまで役に立つアイテムを紹介しています

配達前の疑問はサポートに質問することができる

もしも配達に関して不明点や疑問がある場合は、メール内で案内されているサポート宛に質問することができます。

事前に予約が必要です。以下のリンクから予約が可能です。

電話サポートの予約はコチラ

配達についてわからないことも電話サポートの予約をして聞くことができます!

配達全般に関するマニュアル【パートナーガイド】

配達全般について記載されているマニュアルが用意されていますので、配達を始める前に確認すると良いでしょう。

PDFファイルで100ページ以上あるので、パソコンでダウンロードして読むのが良いです。

パートナーガイド最新版をダウンロード

\ 登録だけでもOK /

▶Uber Eats 配達アカウント登録

まとめ

本記事では、配達パートナーに登録するためにステップをご説明しました。

Uber Eatsの配達はひとりで始めるので不安ですよね。

初めての配達を始めるまえに、配達の流れを確認したり、配達に必要なグッズを揃えておきましょう。

  • すべての手続きはオンラインで可能
  • 配達についてわからないことも電話サポートの予約をして聞くことができる
  • 配達バッグはアマゾンから適正価格で購入

\ 登録だけでもOK /

▶Uber Eats 配達アカウント登録