-->
Uber Eats 活用ブログ
配達のコツ

Uber Eats配達バッグ(ウバッグ)を返却しないでデポジット(8000円・4000円)を返金する方法

Uber Eatsの配達用バッグ(通称ウバッグ)は、以前はパートナーセンターでドライバー登録をしたときに、デポジット金と引き換えに受け取っていました。

つまり・・・以下のような流れで、ウバッグのデポジット金がUberに徴収されていました。

  1. Uberドライバー登録
  2. ウバッグ受け取り
  3. 配達報酬からデポジット金を天引き

※デポジット金の額は時期によって8000円または4000円

ウバッグのデポジット金は、ドライバーをやめるときにバッグと引き換えに返してもらえる取り決めになってますが、本記事ではバッグを返却せずにデポジット金を取り戻す方法について解説します。

※注:最近登録したドライバーは、そもそもデポジット金を払っていないので返金はできません

本記事で解決できるお悩み

  • ウバッグを返却せずにデポジットを取り返したい

ウバッグのもらいかた(現在と以前の違い)

ドライバー登録をして配達を始めるときに、ウバッグを調達するのですが、現在と以前とでは方法が違いますので、確認しておきましょう。

【ウバッグの調達方法】

現在:アマゾンから購入

以前:パートナーセンターで受け取り

現在は、コロナウィルスの影響でパートナーセンターが閉鎖しているので、各自アマゾンで購入することようになっています。

Uber Eats配達バッグ(ロゴ入り)
Uber Eats配達バッグ(ロゴなし)

一方で、以前の配達員は、配達を始める前にパートナーセンターでアカウントを有効化するタイミングで、バッグを受け取っていました。

デポジット金は、パートナーセンターでの支払いではなく、その後に配達をしたときに支払われる配達報酬からの天引きになっていました。

このデポジット金は、配達員をやめるときにバッグと引き換えに返金される、という取り決めになっていました。

バッグを返却せずにデポジット金を取り戻す方法

2020年7月現在、コロナウィルスが蔓延している影響で、パートナーセンターが閉鎖しています。

当面の間は、パートナーセンターが再開することもないでしょう。

そのため、以下のような手続きをすると、ウバッグを返却せずにデポジットを返金することができます。

※もちろん、デポジット金を徴収されたひとだけが対象になります。

【デポジットの返金方法】

  1. 配達員をやめる手続きをする
  2. 劣化を理由にウバッグの交換を申し出る

ひとつ目の方法「配達員をやめる」場合は、当然ながらデポジット金を返却してもらえますが、パートナーセンターが閉鎖しているので、バッグの返却は不要です。

ふたつ目の方法「劣化を理由にウバッグの交換を申し出る」場合は、パートナーセンターが閉鎖しているので、バッグの返却をせずに、デポジットを返してもらえます。それと同時に、上にご紹介したアマゾンのリンクから新しいバッグを購入するように案内されます。

「ウバッグの交換を申し出てデポジットの返金を受ける」手順

以前なら、ウバッグの交換はパートナーセンターで行えましたが、いまは閉鎖しているのでドライバーアプリから手続きができます。

電話からでも手続きができますが、わたしは電話は嫌いなのでアプリでの手続きをしました。

具体的には、以下のような手順になります。

  1. ドライバーアプリのヘルプからサポートに問い合わせる
  2. ウバッグの劣化を理由にバッグの交換を申し出る
  3. バッグの返却無しでデポジットの返金を受ける

3つの手順についてわからない場合は、下の説明を参考にしてみてください。

STEP1.ドライバーアプリのヘルプからサポートに問い合わせる

ドライバーアプリを起動して、ヘルプからサポートに問い合わせます。

正直なところ、ドライバーアプリにはウバッグの交換をするメニューはないので、下の画像のように「この乗車の料金に誤りがある」から問い合わせして良いです。

問い合わせ画面にたどり着く手順

上の画面にたどり着くには、ドライバーアプリの「左上の三本線」から、「ヘルプ」、「配車について」、「配達料金の問題」、「この乗車の料金に誤りがある」とすすみます。

STEP2.ウバッグの劣化を理由にバッグの交換を申し出る

以下の画面のように、ウバッグの交換を申し出ましょう。

問い合わせの文言は、以下を参考にしてください。

STEP3.バッグの返却無しでデポジットの返金を受ける

サポートから以下のような返信がきます。

Uber Eatsの運営側から「バッグの返却なしでデポジットの返金をする」という連絡がきます。

ここまできたらデポジットの返金まであと少しです。

デポジットの返金手続きを進めてもらうよう返信しましょう。数日待つと以下のように手続完了の連絡がきます。

わたしの場合は、きちんと翌週の火曜日に口座に振り込まれました。

デポジットの返金額は、配達を始めた時期によって異なります。もちろんデポジット制のあとにドライバー登録したひとは、デポジットの返金はありませんので、ご注意ください。

手元に残ったウバッグは使ってもよし・売ってもよし

手元に残ったウバッグは、そのまま配達に使うこともできますし、プライベートで使うこともできます。

メルカリやラクマなどで売ってしまっても構いません。好きにしましょう。

まとめ

本記事では、ウバッグの返却をせずに、デポジットの返金をして貰う方法についてご紹介しました。

あくまでも、「Uber Eatsの運営側の都合」で返却しないだけなので、悪いことをしているわけではありませんので安心してください。

  • ウバッグのデポジット金を徴収されたひとは、返金ができる
  • ウバッグの劣化を理由に、サポートに問い合わせる
  • ウバッグの返却をせずに、デポジット金が返金される

▼配達の効率化はこちらの記事をご覧ください。

▼確定申告関連はこちらの記事をご覧ください。